炒り高野 炒り高野

炒り高野

  • エネルギー 160 kcal
  • 食塩相当量 1.0 g

炒り高野

  • エネルギー 160 kcal
  • 食塩相当量 1.0 g
ラビーさんのレシピ

腸内環境を整えたり、血糖値の急上昇を抑制する食物繊維が豊富なレシピ。少量の豚ばら肉で旨味をプラス。
  • 塩分カット
  • 食物繊維アップ


このレシピの栄養価

あなたの食事基準に合わせた
レシピの栄養価が表示されます

すべての栄養価(1人分)を表示 すべての栄養価 (1人分)

エネルギー
160 kcal
たんぱく質
8.0 g
脂質
9.0 g
炭水化物
12.7 g
糖質
9.2 g
コレステロール
14 mg
食塩相当量
1.0 g
食物繊維
3.5 g
カリウム
538 mg
カルシウム
75 mg
マグネシウム
41 mg
リン
135 mg
1.1 mg
亜鉛
1.2 mg
ビタミンA
155 µg
ビタミンE
0.7 mg
ビタミンB1
0.18 mg
ビタミンB2
0.13 mg
ビタミンB6
0.15 mg
ビタミンB12
0.3 µg
葉酸
36 µg
ビタミンC
13 mg
ビタミンD
0.2 µg
エネルギー
160 kcal
たんぱく質
8.0 g
脂質
9.0 g
炭水化物
12.7 g
糖質
9.2 g
コレステロール
14 mg
食塩相当量
1.0 g
食物繊維
3.5 g
カリウム
538 mg
カルシウム
75 mg
マグネシウム
41 mg
リン
135 mg
1.1 mg
亜鉛
1.2 mg
ビタミンA
155 µg
ビタミンE
0.7 mg
ビタミンB1
0.18 mg
ビタミンB2
0.13 mg
ビタミンB6
0.15 mg
ビタミンB12
0.3 µg
葉酸
36 µg
ビタミンC
13 mg
ビタミンD
0.2 µg
煮物や麺類の残り汁など、実際には食さないと想定される栄養価は、上記リストから除いてあります。

材料 1 人分

  • 高野豆腐
    5 g
  • ひじき(乾燥したもの)
    2 g
  • 豚バラ肉
    20 g
  • にんじん
    20 g
  • れんこん
    20 g
  • ゆでたけのこ
    15 g
  • 生しいたけ
    15 g
  • いんげん
    15 g
  • だし汁
    75 ml
  • 醤油
    小さじ1弱 (5 g)
  • 砂糖
    小さじ2/3 (2 g)
  • みりん
    小さじ1/2 (3 g)
  • 高野豆腐
    1/3枚 (5.0 g)
  • ひじき(乾燥したもの)
    2.0 g
  • 豚バラ肉
    20.0 g
  • にんじん
    1/6本 (22 g)
  • れんこん
    25 g
  • ゆでたけのこ
    15.0 g
  • 生しいたけ
    1枚 (19 g)
  • いんげん
    2本 (15 g)
  • だし汁
    75.0 g
  • 醤油
    5.0 g
  • 砂糖
    2.0 g
  • みりん
    3.0 g
  • ※ 使用量は野菜の皮、肉・魚の骨や内臓を取り除いたもので、食べられる部分の分量を表示しています。
  • ※ 買物量は廃棄される部分も含んだ分量を表記しています。例: あさり(殻付き)の場合 使用量40g 買物量100g

作り方

  • 1
    高野豆腐は戻して水分をギュッと絞り、5ミリ角程度に刻んでおく。にんじん・れんこん・ゆでたけのこ・しいたけも細かく刻む。
  • 2
    ひじきは水で戻して水分を切っておく。豚バラは1センチ幅に切る。いんげんは塩茹でして斜めに切っておく。
  • 3
    テフロン加工のフライパンに、豚バラ肉を入れて強火で炒める。表面が白っぽくなったら、高野豆腐・にんじん・しいたけ・ひじきを入れてざっくりと炒める。
  • 4
    2.に、だし汁・醤油・砂糖・みりんを入れて強火で煮る。水分が少なくなってきたら、焦げないように混ぜながら炒り煮にする
  • 5
    汁気が無くなるまで炒めて、最後にいんげんを加えて一混ぜすれば出来上がり。


  • このレシピに使われている食材について