具だくさん雑煮

具だくさん雑煮
おいしい健康(透析レシピ) PR
【監修】
川崎医療福祉大学 管理栄養士
市川和子先生 武政睦子先生

管理栄養士のおすすめコメント

具だくさんで食べごたえのある雑煮。汁は控えめで、美味しさはそのままに食塩をカットしています。

栄養価(1人分)

カルシウム
29mg
マグネシウム
44mg
リン
132mg
0.9mg
亜鉛
1.9mg
ビタミンA
120µg
ビタミンE
0.8mg
ビタミンB1
0.13mg
ビタミンB2
0.15mg
ビタミンB6
0.21mg
ビタミンB12
0.5µg
葉酸
79µg
ビタミンC
9mg
ビタミンD
0.2µg
煮物や麺類の残り汁など、実際には食さないと想定される栄養価は、上記リストから除いてあります。
読み込み中 読み込み中

材料

使用量

買物量(目安)

鶏もも肉
30 g
30.0 g
ごぼう
15 g
1/8本未満 (17 g)
金時人参(1cm厚さ)
10 g
1/8本 (13 g)
しいたけ(直径3cm程度のもの)旬
15 g
1個 (19 g)
ほうれん草
20 g
1/8束 (22 g)
角餅
100 g
100.0 g
だし汁
120 ml
120.0 g
A酒
小さじ1 (5 g)
5.0 g
A醤油
小さじ1/2 (3 g)
3.0 g
A塩
0.4 g
0.4 g
ゆず皮(折れ松葉)
少々
1/8個未満 (0.1 g)
※ 使用量は野菜の皮、肉・魚の骨や内臓を取り除いたもので、食べられる部分の分量を表示しています。
※ 買物量は廃棄される部分も含んだ分量を表記しています。例: あさり(殻付き)の場合 使用量40g 買物量100g

手順

1

鶏肉は一口大のそぎ切りにする。

2

金時人参はねじり梅にする。ごぼうは5mm厚さの斜め切りにし、水にさらす。人参とごぼうは熱湯でゆでてゆでこぼす。

3

しいたけは石づきを落として花切りにする。ほうれん草は熱湯で色よく茹で、水気をきって3cm長さに切る。

4

鍋にだし汁を入れて火にかけ、1と2、しいたけを入れて煮る。別の鍋に湯を沸かし、餅をゆでる。

5

具に火が通ったら、Aで味をととのえる。

6

器に餅を盛り付け、汁をそそぎ、具を彩りよく盛りつける。

7

※表示の栄養価は、生の食材で計算した値です。

最近見たレシピ