厚揚げとチンゲンサイのうま煮

厚揚げとチンゲンサイのうま煮

管理栄養士のおすすめコメント

厚揚げのイソフラボンが肥満を防止し、血糖値の上昇を防ぎます。食物繊維も摂れる嬉しいレシピです。

栄養価(1人分)

カルシウム
206mg
マグネシウム
49mg
リン
138mg
2.6mg
亜鉛
1.0mg
ビタミンA
103µg
ビタミンE
0.9mg
ビタミンB1
0.11mg
ビタミンB2
0.11mg
ビタミンB6
0.13mg
ビタミンB12
0.0µg
葉酸
71µg
ビタミンC
14mg
ビタミンD
0.2µg
煮物や麺類の残り汁など、実際には食さないと想定される栄養価は、上記リストから除いてあります。
読み込み中 読み込み中

材料

使用量

買物量(目安)

厚揚げ
60 g
60.0 g
チンゲンサイ
60 g
71 g
えのきだけ
20 g
1/6袋 (24 g)
とりガラスープの素
小さじ1/6強 (0.5 g)
0.5 g
合わせ調味料A
 
 
A酒
小さじ1 (5 g)
5.0 g
Aしょうゆ
小さじ1弱 (5 g)
5.0 g
A砂糖
小さじ1/2 (1.5 g)
1.5 g
A豆板醤
小さじ1/6弱 (1 g)
1.0 g
片栗粉
小さじ1/2強 (3 g)
3.0 g
※ 使用量は野菜の皮、肉・魚の骨や内臓を取り除いたもので、食べられる部分の分量を表示しています。
※ 買物量は廃棄される部分も含んだ分量を表記しています。例: あさり(殻付き)の場合 使用量40g 買物量100g

手順

1

厚揚げはペーパータオルに包んで電子レンジで約1分加熱する。

2

チンゲンサイは葉と軸に切り分け、軸は八つ割りにしてほぐす。 葉は長さを半分に切る。

3

えのきたけは根元を切り落として長さを半分に切る。

4

フライパンに油大さじ1を熱し、チンゲンサイを入れ、塩少々をふって炒める。

5

油がまわったらえのきたけと厚揚げを加えて軽く炒める。水70ml、スープの素を加え、Aの調味料の材料を混ぜて加える。

6

フライパンを揺すって混ぜ、片栗粉を同量の水で溶いたもの加えてとろみをつける。

最近見たレシピ