いんげんのごま和え

いんげんのごま和え
おいしい健康

栄養士のおすすめコメント

アクが少ないいんげんは、茹でた後、そのまま冷ました方が素材の味も香りもしっかり。調味料も少なく済みカロリー塩分もダウン。

栄養価(1人分)

カルシウム
66mg
マグネシウム
27mg
リン
46mg
0.8mg
亜鉛
0.4mg
ビタミンA
29µg
ビタミンE
0.1mg
ビタミンB1
0.05mg
ビタミンB2
0.08mg
ビタミンB6
0.07mg
ビタミンB12
0.0µg
葉酸
35µg
ビタミンC
5mg
ビタミンD
0.0µg
煮物や麺類の残り汁など、実際には食さないと想定される栄養価は、上記リストから除いてあります。
読み込み中 読み込み中

材料

使用量

買物量(目安)

いんげん
60.0 g
9本 (62 g)
Aすりごま
小さじ1強 (3.0 g)
3.0 g
Aしょうゆ
小さじ1/2 (3.0 g)
3.0 g
A砂糖
小さじ2/3弱 (2.0 g)
2.0 g
※ 使用量は野菜の皮、肉・魚の骨や内臓を取り除いたもので、食べられる部分の分量を表示しています。
※ 買物量は廃棄される部分も含んだ分量を表記しています。例: あさり(殻付き)の場合 使用量40g 買物量100g

手順

1

いんげんは付け根のへたを切り取る。(筋があるようであれば取る。)

2

熱湯でいんげんをゆでる。一本引き上げて触って少しやわらかくなっていたら、引き上げて、ざるにあげてそのまま冷ます。

3

2が冷めたら、食べやすい長さに切る。混ぜ合わせたAで和える。

最近見たレシピ