梅粥

梅粥
おいしい健康

管理栄養士のおすすめコメント

梅干しの酸味と塩けがアクセント。ほっと安心する定番の味です。

栄養価(1人分)

カルシウム
12mg
マグネシウム
10mg
リン
36mg
0.2mg
亜鉛
0.6mg
ビタミンA
0µg
ビタミンE
0.0mg
ビタミンB1
0.02mg
ビタミンB2
0.01mg
ビタミンB6
0.02mg
ビタミンB12
0.0µg
葉酸
3µg
ビタミンC
0mg
ビタミンD
0.0µg
煮物や麺類の残り汁など、実際には食さないと想定される栄養価は、上記リストから除いてあります。

このレシピのエピソード

梅干しの酸味には食欲をそそるはたらきも。アレンジで、青じそのせん切りを添えれば、彩りもキレイで爽やかな風味が楽しめます。

読み込み中 読み込み中

材料

使用量

買物量(目安)

ご飯
100 g
100.0 g
梅干し
10 g
1個 (13 g)
200 ml
200.0 g
※ 使用量は野菜の皮、肉・魚の骨や内臓を取り除いたもので、食べられる部分の分量を表示しています。
※ 買物量は廃棄される部分も含んだ分量を表記しています。例: あさり(殻付き)の場合 使用量40g 買物量100g

手順

1

鍋に水を沸かし、ご飯と手で適度な大きさにちぎった梅干しを入れます。

2

鍋に蓋をして中火にします。再び沸騰したら、極弱火で、焦げないように時々鍋底を返しながら10分ほど煮ます。

3

水分が少なくなって、全体にとろみがついたら、器に盛って出来上がりです。

最近見たレシピ