牛肉のステーキ

牛肉のステーキ
おいしい健康

管理栄養士のおすすめコメント

サーロインではなく、もも肉にすることで脂質量を抑えます。厚みのある肉を選ぶと外はカリっと、中はジューシーな焼き上がりに。

栄養価(1人分)

カルシウム
4mg
マグネシウム
19mg
リン
152mg
1.0mg
亜鉛
3.8mg
ビタミンA
12µg
ビタミンE
0.7mg
ビタミンB1
0.06mg
ビタミンB2
0.17mg
ビタミンB6
0.26mg
ビタミンB12
1.0µg
葉酸
7µg
ビタミンC
1mg
ビタミンD
0.0µg
煮物や麺類の残り汁など、実際には食さないと想定される栄養価は、上記リストから除いてあります。
読み込み中 読み込み中

材料

牛もも肉ステーキ用(脂身なし、厚さ2cmくらいのもの)
80 g
80.0 g
0.6 g
0.6 g
こしょう
少々
0.1 g
サラダ油
小さじ1/2 (2 g)
2.0 g
バター
小さじ1/2 (2 g)
2.0 g
クレソン(あれば)
10 g
10 g
※ 使用量は野菜の皮、肉・魚の骨や内臓を取り除いたもので、食べられる部分の分量を表示しています。
※ 買物量は廃棄される部分も含んだ分量を表記しています。例: あさり(殻付き)の場合 使用量40g 買物量100g

下準備

1

肉は焼く前に室温に戻しておきます。夏なら15分、冬なら30分ほどおきます。

薄いステーキ肉を一人1枚よりも、厚いものを焼いて分けたほうが、ジューシーに焼き上がるのでおすすめです。

手順

1

肉の両面に塩、こしょうを振ります。

2

フライパンを強火で熱してサラダ油を入れ、熱くなったら、中火に弱めてバターを加えます。

サラダ油を先に入れてからバターを加えることで、焦がさずにバターの風味を牛肉に付けることができます。

3

バターが溶けて泡が小さくなり薄茶色になったら、牛肉を入れ、動かさずに中火で2分ほど焼きます。

4

焼き色が付いたら裏返し、焼き油を牛肉にスプーンでかけながら、さらに1分30秒〜2分ほど焼きます。

焼き加減は、ミディアムレア〜ミディアムになります。焼き時間を調整して好みの焼き加減にしてください。

5

食べやすい大きさに切り分け、クレソンと一緒に器に盛ります。

最近見たレシピ