牛肉のステーキ

牛肉のステーキ
by 川津幸子

栄養価(1人分)

カルシウム
11mg
マグネシウム
40mg
リン
376mg
2.5mg
亜鉛
7.3mg
ビタミンA
50µg
ビタミンE
1.5mg
ビタミンB1
0.15mg
ビタミンB2
0.25mg
ビタミンB6
0.95mg
ビタミンB12
2.0µg
葉酸
15µg
ビタミンC
3mg
ビタミンD
0.0µg
煮物や麺類の残り汁など、実際には食さないと想定される栄養価は、上記リストから除いてあります。

このレシピのエピソード

ごちそうの定番、子どもから大人まで大好きなステーキ。
バターで牛肉を揚げ焼きのようにソテーすると表面はカリッと、中はジューシーに仕上がります。
お肉はカットされたものを使うのではなく、厚めのものを焼いてから切ること。固くならず、牛肉のうまみを存分に味わうことが出来ます。

読み込み中 読み込み中

材料

使用量

買物量(目安)

牛サーロインステーキ用肉(2cm厚さのもの)
250 g
250.0 g
小さじ1/6 (1 g)
1.0 g
こしょう
少々
0.1 g
バター(食塩不使用)
大さじ1/2 (6 g)
6.0 g
サラダ油
大さじ1/2 (6 g)
6.0 g
※ 使用量は野菜の皮、肉・魚の骨や内臓を取り除いたもので、食べられる部分の分量を表示しています。
※ 買物量は廃棄される部分も含んだ分量を表記しています。例: あさり(殻付き)の場合 使用量40g 買物量100g

下準備

1

肉は焼く前に室温に戻しておきます。夏なら15分、冬なら30分ほどおきます。

手順

1
67237

肉の両面に塩、こしょうを振ります。

2

フライパンを強火で熱してサラダ油を入れ、熱くなったら、中火に弱めてバターを加えます。

3

バターが溶けて泡が小さくなり、薄茶色になったら、肉を入れ、動かさずに中火で2分ほど焼きます。

4
67240

焼き色が付いたら裏返し、肉の表面に油をかけながら、さらに1分30秒〜2分焼きます。

5
67241

食べやすい大きさに切り分け、器に盛って出来上がりです。

このレシピは、家庭料理の基本的な作り方を解説することを目的としております。そのため、栄養価を計算・表示するのみで、管理栄養士による監修は行っておりません。ご利用の際はレシピの栄養価表示、または献立帳の栄養データを参照するなど、十分ご注意下さい。
最近見たレシピ