小松菜と油揚げの煮浸し 和食定番

小松菜と油揚げの煮浸し 和食定番
photo by おいしい健康

管理栄養士のおすすめコメント

小松菜はアクが少なく、栄養価の高い野菜です。煮汁ごと氷水にあてて一気に冷ますと、小松菜の緑色がきれいに残せます。

栄養価(1人分)

カルシウム
121mg
マグネシウム
26mg
リン
72mg
1.8mg
亜鉛
0.4mg
ビタミンA
199µg
ビタミンE
0.6mg
ビタミンB1
0.07mg
ビタミンB2
0.08mg
ビタミンB6
0.09mg
ビタミンB12
0.2µg
葉酸
61µg
ビタミンC
20mg
ビタミンD
0.0µg
煮物や麺類の残り汁など、実際には食さないと想定される栄養価は、上記リストから除いてあります。
読み込み中 読み込み中

材料

使用量

買物量(目安)

小松菜
50 g
1/4束 (59 g)
人参
10 g
1/8本未満 (11 g)
油揚げ
10 g
10.0 g
調味料
 
 
 だし汁
50 ml
50.0 g
 酒
小さじ1/2 (2.5 g)
2.5 g
 みりん
小さじ1/3 (2 g)
2.0 g
 薄口しょうゆ
小さじ2/3 (4 g)
4.0 g
※ 使用量は野菜の皮、肉・魚の骨や内臓を取り除いたもので、食べられる部分の分量を表示しています。
※ 買物量は廃棄される部分も含んだ分量を表記しています。例: あさり(殻付き)の場合 使用量40g 買物量100g

手順

1

小松菜をたっぷりな湯に、茎の方から入れて、30秒ぐらい一呼吸おいて葉も入れ、しんなりしたら冷水に取ります

2

小松菜を水中でそろえ、水気を充分に絞ります。根元を少々除き、3センチ長さに切ります。 人参はせん切りにします。

3

油揚げは、ざるにのせ、両面に熱湯を注ぎ、余分な油を落とします。縦半分に切り、5ミリ幅に切り分けます。

4

鍋にだし汁を入れて煮立て、人参、油揚げを加え、1~2分煮ます。

5

次に酒、みりん、薄口しょうゆの順に入れ、さらに1~2分煮ます。

6

最後に小松菜を鍋全体に散らし、再び煮立ったら直ぐに火を止めます。

最近見たレシピ