大葉としらすで お弁当卵焼き

大葉としらすで お弁当卵焼き

管理栄養士のおすすめコメント

各栄養素をバランスよく含む卵。卵黄の主成分のコリンが認知症を予防。食品中で最も脳内に吸収されやすい特徴を持つといわれます

栄養価(1人分)

カルシウム
41mg
マグネシウム
11mg
リン
129mg
1.1mg
亜鉛
0.8mg
ビタミンA
100µg
ビタミンE
0.9mg
ビタミンB1
0.04mg
ビタミンB2
0.26mg
ビタミンB6
0.05mg
ビタミンB12
0.7µg
葉酸
28µg
ビタミンC
0mg
ビタミンD
2.9µg
煮物や麺類の残り汁など、実際には食さないと想定される栄養価は、上記リストから除いてあります。
読み込み中 読み込み中

材料

使用量

買物量(目安)

60 g
1個 (71 g)
大葉旬
0.5 g
1枚 (0.5 g)
しらす
4 g
4.0 g
Aかつおだしの素
0.3 g
0.3 g
A水
大さじ1 (15 g)
15.0 g
A醤油
小さじ1/6弱 (0.8 g)
0.8 g
A酒
小さじ1/6強 (1 g)
1.0 g
小さじ1/2 (2 g)
2.0 g
※ 使用量は野菜の皮、肉・魚の骨や内臓を取り除いたもので、食べられる部分の分量を表示しています。
※ 買物量は廃棄される部分も含んだ分量を表記しています。例: あさり(殻付き)の場合 使用量40g 買物量100g

手順

1

Aを合わせておく。大葉は粗くみじん切りにする。

2

ボウルに卵を割り1としらすを加えよく混ぜる。

3

フライパンにサラダ油を熱し、1の半量を入れて、まだ半熟部分があるうちに手前に巻いていきます。

4

手前にまいた卵を奥にずらし、残った卵液を流し入れて、手前に巻いてきます。よく火が通るようにまんべなく4面を焼きます。

最近見たレシピ