ころもふんわり鶏の唐揚げ

ころもふんわり鶏の唐揚げ
おいしい健康

管理栄養士のおすすめコメント

さくふわな衣に包まれたジューシーな唐揚げ。固いものを食べるのがつらい時やお子さんにおすすめの一品です。

栄養価(1人分)

カルシウム
14mg
マグネシウム
24mg
リン
152mg
0.8mg
亜鉛
1.4mg
ビタミンA
49µg
ビタミンE
1.7mg
ビタミンB1
0.10mg
ビタミンB2
0.14mg
ビタミンB6
0.22mg
ビタミンB12
0.2µg
葉酸
25µg
ビタミンC
4mg
ビタミンD
0.3µg
煮物や麺類の残り汁など、実際には食さないと想定される栄養価は、上記リストから除いてあります。

このレシピのエピソード

さくっと揚がった、やわらか食感の鶏の唐揚げ。やわらかく仕上げるには、衣に卵と片栗粉ではなく小麦粉を使うのがポイントです。衣をやわらかく仕上げた唐揚げは、咀しゃくが億劫な時やお子さんにも食べやすいのでおすすめです。はっきり味なので、味覚を感じにくい時にも。

読み込み中 読み込み中

材料

作りやすい分量

2人分が作りやすい分量です。

鶏もも肉
160 g
160.0 g
Aしょうが(すりおろし)
6 g
1/2片 (7.5 g)
Aしょうゆ
大さじ2/3 (12 g)
12.0 g
A酒
小さじ1 (5 g)
5.0 g
Aみりん
小さじ1 (6 g)
6.0 g
小麦粉
適量
適量
揚げ油
適量
適量
サニーレタス
20 g
1枚 (21 g)
※ 使用量は野菜の皮、肉・魚の骨や内臓を取り除いたもので、食べられる部分の分量を表示しています。
※ 買物量は廃棄される部分も含んだ分量を表記しています。例: あさり(殻付き)の場合 使用量40g 買物量100g

手順

1

鶏もも肉を3cm角に切ります。ボウルにAを合わせ、鶏もも肉を入れ20分ほどおきます。

2

バットに鶏もも肉を並べ、小麦粉を全体的にまぶします。茶こしや粉ふるいを使ってまぶすとよりふっくら仕上がります。

3

揚げ油を170℃に熱し、鶏もも肉を揚げます。

4

揚げる音が「ジュー」という音から「パチパチ」という音に変わったら、出来上がりです。

5

サニーレタスと一緒に盛り付けます。

最近見たレシピ