ごぼうドライカレー(十和田第一病院監修)

ごぼうドライカレー(十和田第一病院監修)
おいしい健康

管理栄養士のおすすめコメント

十和田市の特産であるごぼうを使ったドライカレーです。じっくり炒めることで野菜のうま味が感じられます。

栄養価(1人分)

カルシウム
90mg
マグネシウム
63mg
リン
177mg
3.0mg
亜鉛
2.7mg
ビタミンA
248µg
ビタミンE
1.8mg
ビタミンB1
0.40mg
ビタミンB2
0.18mg
ビタミンB6
0.36mg
ビタミンB12
0.2µg
葉酸
61µg
ビタミンC
15mg
ビタミンD
0.2µg
煮物や麺類の残り汁など、実際には食さないと想定される栄養価は、上記リストから除いてあります。
読み込み中 読み込み中

材料

使用量

買物量(目安)

ご飯
150 g
150.0 g
豚ひき肉
40 g
40.0 g
ごぼう
40 g
1/4本 (44 g)
玉ねぎ
40 g
40.0 g
にんじん旬
30 g
1/4本 (33 g)
おろししょうが
2 g
2.0 g
おろしにんにく
2 g
1/2片 (2.2 g)
サラダ油
小さじ1 (4 g)
4.0 g
A カレー粉
大さじ2/3 (4 g)
4.0 g
A ケチャップ
小さじ1と1/3強 (7 g)
7.0 g
A ウスターソース
小さじ2/3 (4 g)
4.0 g
A 水
50 ml
50.0 g
A カレールウ(フレークタイプ)
10 g
10.0 g
A 顆粒洋風スープの素
小さじ1/3 (1 g)
1.0 g
パセリ(刻み)
5 g
5.6 g
※ 使用量は野菜の皮、肉・魚の骨や内臓を取り除いたもので、食べられる部分の分量を表示しています。
※ 買物量は廃棄される部分も含んだ分量を表記しています。例: あさり(殻付き)の場合 使用量40g 買物量100g

手順

1

玉ねぎ、にんじん、ごぼうは粗めのみじん切り(0.5mm角)にします。それぞれ水に20分さらし、水けをきります。

2

中火にしたフライパンに油、しょうが、にんにくを入れて香りがたったら、ひき肉を炒めます。

3

1の野菜を加え、弱火でじっくり炒めます。Aを全て加えて、炒めながら煮詰めていきます。

4

水分が減りとろみがついてきたら出来上がりです。ご飯とともに盛り付けてパセリを散らせば完成です。

最近見たレシピ