ちゃんこ鍋

ちゃんこ鍋
おいしい健康

管理栄養士のおすすめコメント

ちゃんこ鍋とは相撲部屋で作られる具材たっぷりの鍋料理。肉の他に、野菜もたっぷりいただけるところが鍋料理の魅力のひとつ。

栄養価(1人分)

カルシウム
179mg
マグネシウム
160mg
リン
303mg
2.6mg
亜鉛
2.2mg
ビタミンA
179µg
ビタミンE
1.6mg
ビタミンB1
0.27mg
ビタミンB2
0.29mg
ビタミンB6
0.59mg
ビタミンB12
0.2µg
葉酸
142µg
ビタミンC
27mg
ビタミンD
0.4µg
煮物や麺類の残り汁など、実際には食さないと想定される栄養価は、上記リストから除いてあります。
読み込み中 読み込み中

材料

A 鶏ひき肉
60 g
60.0 g
A 長ねぎ(みじん切り)
3 g
1/8本未満 (5 g)
A しょうが(すりおろし)
1 g
1.0 g
A 片栗粉
小さじ1/2 (1.5 g)
1.5 g
A 酒
小さじ1/4 (1.3 g)
1.3 g
A 塩
0.3 g
0.3 g
B 水
200 ml
200.0 g
B 顆粒鶏ガラスープの素
小さじ1/2強 (1.5 g)
1.5 g
B めんつゆ(3倍濃縮)
小さじ1弱 (6 g)
6.0 g
白菜(一口大に切る)
100 g
1枚 (110 g)
にんじん(短冊切り)
15 g
1/8本 (17 g)
長ねぎ(斜め切り)
15 g
1/6本 (25 g)
しいたけ(石づきを取り、半分に切る)
15 g
1枚 (19 g)
えのきだけ(根元を切る)
30 g
1/4袋 (35 g)
油揚げ(三角形に切る。1人1枚)
15 g
15.0 g
木綿豆腐(一口大に切る)
75 g
1/4丁 (75.0 g)
にら(5cmの長さに切る)
15 g
1/6束 (16 g)
※ 使用量は野菜の皮、肉・魚の骨や内臓を取り除いたもので、食べられる部分の分量を表示しています。
※ 買物量は廃棄される部分も含んだ分量を表記しています。例: あさり(殻付き)の場合 使用量40g 買物量100g

手順

1

ボウルにAを入れ、白っぽくなるまで練り合わせます。

2

鍋にBを沸騰させ、1をスプーンで丸めながら加えて煮ます。つくねが浮かんできたら、にら以外の野菜、油揚げ、豆腐を入れます。

3

野菜がやわらかくなったら、にらを加え、ひと煮立ちすれば完成です。

最近見たレシピ