茶粥 茶粥

茶粥

  • エネルギー 135 kcal
  • 食塩相当量 2.2 g

茶粥

  • エネルギー 135 kcal
  • 食塩相当量 2.2 g
おいしい健康

お米をお茶の袋と一緒に炊いたシンプルな一品。奈良では昔から「大和の茶粥」という言葉があり、日常的に食べられていました。
  • 食物繊維アップ


このレシピの栄養価

あなたの食事基準に合わせた
レシピの栄養価が表示されます

すべての栄養価(1人分)を表示 すべての栄養価 (1人分)

エネルギー
135 kcal
たんぱく質
2.3 g
脂質
0.8 g
炭水化物
29.7 g
コレステロール
0 mg
食塩相当量
2.2 g
食物繊維
1.5 g
カリウム
168 mg
カルシウム
16 mg
マグネシウム
43 mg
リン
108 mg
0.6 mg
亜鉛
0.7 mg
ビタミンA
1 µg
ビタミンE
0.4 mg
ビタミンB1
0.13 mg
ビタミンB2
0.06 mg
ビタミンB6
0.17 mg
ビタミンB12
0.0 µg
葉酸
34 µg
ビタミンC
0 mg
ビタミンD
0.0 µg
エネルギー
135 kcal
たんぱく質
2.3 g
脂質
0.8 g
炭水化物
29.7 g
コレステロール
0 mg
食塩相当量
2.2 g
食物繊維
1.5 g
カリウム
168 mg
カルシウム
16 mg
マグネシウム
43 mg
リン
108 mg
0.6 mg
亜鉛
0.7 mg
ビタミンA
1 µg
ビタミンE
0.4 mg
ビタミンB1
0.13 mg
ビタミンB2
0.06 mg
ビタミンB6
0.17 mg
ビタミンB12
0.0 µg
葉酸
34 µg
ビタミンC
0 mg
ビタミンD
0.0 µg
煮物や麺類の残り汁など、実際には食さないと想定される栄養価は、上記リストから除いてあります。

材料 1 人分

  • ほうじ茶パック(1人あたり1個)
    2.5 g
  • 200 ml
  • 玄米ご飯
    80 g
  • 梅干し(あれば)
    10 g
  • ほうじ茶パック(1人あたり1個)
    2.5 g
  • 200.0 g
  • 玄米ご飯
    80.0 g
  • 梅干し(あれば)
    13 g
  • ※ 使用量は野菜の皮、肉・魚の骨や内臓を取り除いたもので、食べられる部分の分量を表示しています。
  • ※ 買物量は廃棄される部分も含んだ分量を表記しています。例: あさり(殻付き)の場合 使用量40g 買物量100g

作り方

  • 1
    鍋に水を沸かして、ほうじ茶パックを入れます。火を止めて蓋をし3〜4分蒸らします。
  • 2
    ほうじ茶パックを取り出し、ご飯を加え、弱火で10〜15分煮ます。
  • 3
    器に盛り、梅干し(あれば)を添えます。