黒米と黒豆入り玄米ごはん

黒米と黒豆入り玄米ごはん
by 山口 秀司

管理栄養士のおすすめコメント

ほんのりと塩けが効いた玄米ごはん。黒米を使うことでもちっとした食感に仕上がり、玄米が苦手な方でも食べやすくなります。

栄養価(1人分)

カルシウム
23mg
マグネシウム
107mg
リン
254mg
2.1mg
亜鉛
1.6mg
ビタミンA
0µg
ビタミンE
1.1mg
ビタミンB1
0.39mg
ビタミンB2
0.06mg
ビタミンB6
0.37mg
ビタミンB12
0.0µg
葉酸
48µg
ビタミンC
0mg
ビタミンD
0.0µg
煮物や麺類の残り汁など、実際には食さないと想定される栄養価は、上記リストから除いてあります。

このレシピのエピソード

脳腫瘍を患ったことをきっかけに、玄米菜食の食生活に。圧力鍋を使うことでもっちりした炊き上がりになることを知り、玄米のおいしさに開眼しました。栄養バランスを考え、黒米や黒豆を混ぜ、よくかんで食べるようにしています。

読み込み中 読み込み中

材料

作りやすい分量

6人分が作りやすい分量です。

玄米
450 g
3合 (450 g)
黒米
45 g
45.0 g
黒豆(乾燥)
42 g
42.0 g
干しなつめ
3 g
1個 (3.5 g)
690 ml
690.0 g
小さじ1 (6 g)
6.0 g
梅酢
9 g
9.0 g
黒ごま
小さじ1/6強 (0.6 g)
0.6 g
※ 使用量は野菜の皮、肉・魚の骨や内臓を取り除いたもので、食べられる部分の分量を表示しています。
※ 買物量は廃棄される部分も含んだ分量を表記しています。例: あさり(殻付き)の場合 使用量40g 買物量100g

下準備

1

玄米は軽くとぎ、黒米と黒豆はさっと洗います。

2
434

ボウルに玄米と黒米、黒豆、なつめを入れ、浸るくらいの水(分量外)を加え、1時間以上浸水させます。

手順

1

浸水させた水を捨て、一度すすいでからよく水をきり、圧力鍋に入れたら、分量の水と塩、梅酢を加えます。

2

圧力鍋の蓋をし、強めの中火で加熱します。圧力がかかったら弱火にし、25分加圧します。

圧力鍋は、取扱説明書に沿ってご使用ください。

3

火を止め、蓋をしたまま15分ほど蒸らします。

4
87555

蓋を外し、全体を混ぜ合わせます。器に盛り、ごまを振って出来上がりです。

最近見たレシピ