焼肉弁当

焼肉弁当
by おいしい健康 管理栄養士

管理栄養士のおすすめコメント

こってり味の焼肉が食欲そそるお弁当。短時間で作れるので、忙しい時にもおすすめです。

栄養価(1人分)

カルシウム
18mg
マグネシウム
47mg
リン
225mg
1.5mg
亜鉛
4.3mg
ビタミンA
27µg
ビタミンE
1.7mg
ビタミンB1
0.15mg
ビタミンB2
0.21mg
ビタミンB6
0.40mg
ビタミンB12
0.7µg
葉酸
61µg
ビタミンC
52mg
ビタミンD
0.0µg
煮物や麺類の残り汁など、実際には食さないと想定される栄養価は、上記リストから除いてあります。

このレシピのエピソード

牛肉のうま味を味わうボリューム満点の焼肉弁当。主菜がこってり味なので副菜はシンプルな味付けにして味にコントラストを。季節の食材を取り入れて彩りよく仕上げます。市販のお弁当に比べて食塩が控えめなので、塩分のとりすぎを気にしている方にもおすすめです。※衛生上の観点から、ご飯とおかずはしっかりと冷まして弁当箱に入れましょう。

読み込み中 読み込み中

材料

焼肉丼
牛もも薄切り肉
60 g
60.0 g
サラダ油
小さじ1/2 (2 g)
2.0 g
焼肉のたれ
大さじ1/2 (9 g)
9.0 g
白ごま
0.2 g
0.2 g
ご飯
200 g
200.0 g
2色ピーマンのナムル
ピーマン 旬
20 g
3/4個 (24 g)
赤パプリカ 旬
20 g
1/6個 (22 g)
A鶏がらスープの素
0.3 g
0.3 g
A塩
0.2 g
0.2 g
Aごま油
小さじ1/2 (2 g)
2.0 g
ゆでとうもろこし
とうもろこし 旬
30 g
1/6本 (60 g)
0.2 g
0.2 g
※ 使用量は野菜の皮、肉・魚の骨や内臓を取り除いたもので、食べられる部分の分量を表示しています。
※ 買物量は廃棄される部分も含んだ分量を表記しています。例: あさり(殻付き)の場合 使用量40g 買物量100g

手順

1

【2色ピーマンのナムル】ピーマンと赤パプリカは縦に細切りにします。

2

耐熱容器にピーマンと赤パプリカを入れ、ふんわりとラップをかけ、電子レンジ(600w)で1分半ほど加熱します。

3

粗熱が取れたら水けをきり、Aを加えて混ぜ合わせます。

4

【ゆでとうもろこし】とうもろこしは輪切りにします。

5

表面を少し水で濡らして1切れずつラップで包み、電子レンジ(600w)で2分ほど加熱します。

加熱時間は2人分の目安です。

6

粗熱が取れたらラップを外し、塩を振ります。

7

【焼肉丼】牛肉は食べやすい大きさに切ります。

8

フライパンにサラダ油を中火で熱し、牛肉を炒めます。色が変わったら、焼肉のたれを加え、牛肉によく絡めます。

9

弁当箱にご飯を入れ、その上に炒めた牛肉をのせ、上から白ごまを振ります。

10

弁当箱の空いているスペースに、2色ピーマンのナムルとゆでとうもろこしを盛ります。

最近見たレシピ