きのこ入りホワイトシチュー きのこ入りホワイトシチュー

きのこ入りホワイトシチュー

  • エネルギー 256 kcal
  • 食塩相当量 1.5 g

きのこ入りホワイトシチュー

  • エネルギー 256 kcal
  • 食塩相当量 1.5 g
おいしい健康

寒い季節にぴったりのきのこ入りホワイトシチュー。市販のルウを使わないのであっさりした味わいです。
  • 手順を簡素化
  • 脂質カット
  • 塩分カット
  • カロリーカット

このレシピのエピソード

玉ねぎと鶏肉を炒めた後、小麦粉をしっかりと炒め合わせることで、ダマにならずになめらかに仕上がります。


このレシピの栄養価

あなたの食事基準に合わせた
レシピの栄養価が表示されます

すべての栄養価(1人分)を表示 すべての栄養価 (1人分)

エネルギー
256 kcal
たんぱく質
18.4 g
脂質
12.3 g
炭水化物
19.7 g
糖質
15.5 g
コレステロール
77 mg
食塩相当量
1.5 g
食物繊維
4.2 g
カリウム
743 mg
カルシウム
143 mg
マグネシウム
44 mg
リン
301 mg
1.0 mg
亜鉛
2.1 mg
ビタミンA
237 µg
ビタミンE
1.4 mg
ビタミンB1
0.25 mg
ビタミンB2
0.41 mg
ビタミンB6
0.44 mg
ビタミンB12
0.5 µg
葉酸
99 µg
ビタミンC
44 mg
ビタミンD
0.7 µg
エネルギー
256 kcal
たんぱく質
18.4 g
脂質
12.3 g
炭水化物
19.7 g
糖質
15.5 g
コレステロール
77 mg
食塩相当量
1.5 g
食物繊維
4.2 g
カリウム
743 mg
カルシウム
143 mg
マグネシウム
44 mg
リン
301 mg
1.0 mg
亜鉛
2.1 mg
ビタミンA
237 µg
ビタミンE
1.4 mg
ビタミンB1
0.25 mg
ビタミンB2
0.41 mg
ビタミンB6
0.44 mg
ビタミンB12
0.5 µg
葉酸
99 µg
ビタミンC
44 mg
ビタミンD
0.7 µg
煮物や麺類の残り汁など、実際には食さないと想定される栄養価は、上記リストから除いてあります。

材料 2 人分

2人分が作りやすい分量です。
  • 鶏もも肉(皮なし)
    120 g
  • 玉ねぎ
    100 g
  • にんじん
    40 g
  • しめじ
    80 g
  • ブロッコリー
    60 g
  • バター
    大さじ1 (12 g)
  • 小麦粉
    大さじ1と1/3 (12 g)
  • 顆粒コンソメ
    小さじ1 (3 g)
  • 100 ml
  • 牛乳
    200 ml
  • 小さじ1/6 (1 g)
  • こしょう
    少々
  • 鶏もも肉(皮なし)
    120.0 g
  • 玉ねぎ
    1/2個 (110 g)
  • にんじん
    1/3本 (44 g)
  • しめじ
    1パック (89 g)
  • ブロッコリー
    120 g
  • バター
    12.0 g
  • 小麦粉
    12.0 g
  • 顆粒コンソメ
    3.0 g
  • 100.0 g
  • 牛乳
    200.0 g
  • 1.0 g
  • こしょう
    0.1 g
  • ※ 使用量は野菜の皮、肉・魚の骨や内臓を取り除いたもので、食べられる部分の分量を表示しています。
  • ※ 買物量は廃棄される部分も含んだ分量を表記しています。例: あさり(殻付き)の場合 使用量40g 買物量100g

作り方

  • 1
    玉ねぎはくし形切り、にんじんは乱切り、しめじは軽くほぐします。鶏肉は一口大に切ります。
  • 2
    ブロッコリーは小房に分け、耐熱容器に入れてふんわりとラップをし、電子レンジ(600w)で1分半加熱します。
    加熱時間は2人分の目安です。
  • 3
    鍋にバターを入れて中火にかけ、鶏肉を炒めます。肉の表面に色がついたら玉ねぎを加え、玉ねぎが透き通るまで炒めます。
  • 4
    小麦粉を振り入れ、全体に回るように炒め合わせます。
  • 5
    にんじんとコンソメ、水を加えます。沸騰したらしめじも加え、にんじんがやわらかくなるまで煮込みます。
    小麦粉を加えると焦げやすくなるので、時々木べらなどでかき混ぜます。アクが気になる場合はすくい取ります。
  • 6
    牛乳と塩、こしょうを加え、木べらなどでかき混ぜながらとろみがつくまで煮ます。最後にブロッコリーを加えて軽く合わせます。


  • このレシピに使われている食材について