豚ひき肉とごぼうの辛みそ炒め 豚ひき肉とごぼうの辛みそ炒め

豚ひき肉とごぼうの辛みそ炒め

  • エネルギー 258 kcal
  • 食塩相当量 1.3 g

豚ひき肉とごぼうの辛みそ炒め

  • エネルギー 258 kcal
  • 食塩相当量 1.3 g
おいしい健康

豆板醤の辛味が効いたみそ味でご飯にぴったり。不足しやすい食物繊維が補え、しっかり噛むので食べごたえがあります。
  • 塩分カット
  • 食物繊維アップ

このレシピのエピソード

パサつきやすい赤身のひき肉は、片栗粉を揉み込んで炒めると、しっとり仕上がります。


このレシピの栄養価

あなたの食事基準に合わせた
レシピの栄養価が表示されます

すべての栄養価(1人分)を表示 すべての栄養価 (1人分)

エネルギー
258 kcal
たんぱく質
19.0 g
脂質
11.7 g
炭水化物
17.6 g
糖質
12.8 g
コレステロール
54 mg
食塩相当量
1.3 g
食物繊維
4.8 g
カリウム
590 mg
カルシウム
53 mg
マグネシウム
63 mg
リン
224 mg
1.4 mg
亜鉛
2.3 mg
ビタミンA
7 µg
ビタミンE
0.8 mg
ビタミンB1
0.78 mg
ビタミンB2
0.22 mg
ビタミンB6
0.38 mg
ビタミンB12
0.2 µg
葉酸
77 µg
ビタミンC
8 mg
ビタミンD
0.1 µg
エネルギー
258 kcal
たんぱく質
19.0 g
脂質
11.7 g
炭水化物
17.6 g
糖質
12.8 g
コレステロール
54 mg
食塩相当量
1.3 g
食物繊維
4.8 g
カリウム
590 mg
カルシウム
53 mg
マグネシウム
63 mg
リン
224 mg
1.4 mg
亜鉛
2.3 mg
ビタミンA
7 µg
ビタミンE
0.8 mg
ビタミンB1
0.78 mg
ビタミンB2
0.22 mg
ビタミンB6
0.38 mg
ビタミンB12
0.2 µg
葉酸
77 µg
ビタミンC
8 mg
ビタミンD
0.1 µg
煮物や麺類の残り汁など、実際には食さないと想定される栄養価は、上記リストから除いてあります。

材料 1 人分

  • 豚赤身ひき肉
    80 g
  • ごぼう
    60 g
  • 長ねぎ
    40 g
  • にんにく(すりおろし)
    1 g
  • 豆板醤
    小さじ1/6弱 (1 g)
  • ごま油
    小さじ3/4 (3 g)
  • ひき肉下味用
    • しょうゆ
      小さじ1/3 (2 g)
    • 小さじ1/2 (2.5 g)
    • 片栗粉
      小さじ1/2 (1.5 g)
  • 合わせ調味料
    • みそ
      小さじ1 (6 g)
    • 小さじ1/2 (2.5 g)
    • 砂糖
      小さじ1/2 (1.5 g)
  • 豚赤身ひき肉
    80.0 g
  • ごぼう
    1/3本 (67 g)
  • 長ねぎ
    1/2本 (67 g)
  • にんにく(すりおろし)
    1/4片 (1.1 g)
  • 豆板醤
    1.0 g
  • ごま油
    3.0 g
  • ひき肉下味用
    • しょうゆ
      2.0 g
    • 2.5 g
    • 片栗粉
      1.5 g
  • 合わせ調味料
    • みそ
      6.0 g
    • 2.5 g
    • 砂糖
      1.5 g
  • ※ 使用量は野菜の皮、肉・魚の骨や内臓を取り除いたもので、食べられる部分の分量を表示しています。
  • ※ 買物量は廃棄される部分も含んだ分量を表記しています。例: あさり(殻付き)の場合 使用量40g 買物量100g

作り方

  • 1
    ごぼうは厚さ2〜3mmの斜め切りにし、5分ほど水にさらします。長ねぎは厚さ5mmの斜め切りにします。
  • 2
    豚ひき肉に下味用の調味料を加えて揉み込みます。
    片栗粉を揉み込むことで、炒めた時にぱさつきにくくなります。
  • 3
    フライパンににんにくと豆板醤、ごま油を入れて弱火にかけ、香りが立ったらひき肉を加えて中火で炒めます。
  • 4
    ひき肉の色が変わってきたら、水けをきったごぼうを加えて炒めます。
  • 5
    ごぼうに火が通ったら長ねぎを加え、さっと炒めて合わせ調味料を加え、混ぜ合わせて完成です。


  • このレシピに使われている食材について