鮭の野菜あんかけ 鮭の野菜あんかけ

鮭の野菜あんかけ

  • エネルギー 230 kcal
  • 食塩相当量 1.7 g

鮭の野菜あんかけ

  • エネルギー 230 kcal
  • 食塩相当量 1.7 g
小林まさる
30分以内

焼いた鮭に野菜たっぷりのあんをかければ、魚も野菜も摂れるバランスの良い一皿に。味付けはめんつゆだけと手軽です。
  • 手順を簡素化
  • 食物繊維アップ

このレシピのエピソード

魚は身が崩れやすいので、触らずにじっくり焼くことがポイント。焼き魚だけだと野菜が不足しがちですが、同じフライパンで野菜のあんを作り、上からかけると一品でバランスが摂りやすくなります。
ハードルが高いと思われがちなあんかけは、調味料に片栗粉を入れてしっかり混ぜてから加えると、ダマになりにくく、上手に作れますよ。(小林まさる先生より)


このレシピの栄養価

あなたの食事基準に合わせた
栄養価のグラフが表示されます

すべての栄養価 (1人分)

エネルギー
230 kcal
食塩相当量
1.7 g
たんぱく質
25.2 g
脂質
10.3 g
炭水化物
11.6 g
糖質
8.4 g
食物繊維
3.2 g
カリウム
732 mg
カルシウム
86 mg
マグネシウム
46 mg
リン
318 mg
2.0 mg
亜鉛
1.1 mg
ヨウ素
6 µg
コレステロール
59 mg
ビタミンB1
0.26 mg
ビタミンB2
0.38 mg
ビタミンC
17 mg
ビタミンB6
0.81 mg
ビタミンB12
5.9 µg
葉酸
90 µg
ビタミンA
115 µg
ビタミンD
32.2 µg
ビタミンK
94 µg
ビタミンE
2.3 mg
エネルギー
230 kcal
食塩相当量
1.7 g
たんぱく質
25.2 g
脂質
10.3 g
炭水化物
11.6 g
糖質
8.4 g
食物繊維
3.2 g
カリウム
732 mg
カルシウム
86 mg
マグネシウム
46 mg
リン
318 mg
2.0 mg
亜鉛
1.1 mg
ヨウ素
6 µg
コレステロール
59 mg
ビタミンB1
0.26 mg
ビタミンB2
0.38 mg
ビタミンC
17 mg
ビタミンB6
0.81 mg
ビタミンB12
5.9 µg
葉酸
90 µg
ビタミンA
115 µg
ビタミンD
32.2 µg
ビタミンK
94 µg
ビタミンE
2.3 mg
煮物や麺類の残り汁など、実際には食さないと想定される栄養価は、上記リストから除いてあります。

材料 2 人分

2人分が作りやすい分量です。フライパンは直径26cmを使用しています。
  • 生鮭(切り身)
  • しょうゆ(鮭下味用)
  • 酒(鮭下味用)
  • 小松菜
  • しいたけ
  • サラダ油
  • A
    • めんつゆ(3倍濃縮)
    • 片栗粉
  • 生鮭(切り身)
  • しょうゆ(鮭下味用)
  • 酒(鮭下味用)
  • 小松菜
  • しいたけ
  • サラダ油
  • A
    • めんつゆ(3倍濃縮)
    • 片栗粉

2週間の無料お試しで
表示されます

  • ※ 使用量は野菜の皮、肉・魚の骨や内臓を取り除いたもので、食べられる部分の分量を表示しています。
  • ※ 買物量は廃棄される部分も含んだ分量を表記しています。例: あさり(殻付き)の場合 使用量40g 買物量100g

作り方

1
鮭はペーパータオルで水けを拭き取り、しょうゆ、酒を振って10分おきます。Aは混ぜておきます。

レシピの続きを
見てみませんか?


家庭でかんたんにできるレシピが1万品
管理栄養士の「知恵」と「くふう」が詰まっています。


このレシピに使われている食材について


アプリをインストール