ひじきでヘルシードライカレー

ひじきでヘルシードライカレー

管理栄養士のおすすめコメント

介護の現場スタッフが、シニアの方のために考案したメニューです。鉄分が豊富で、コクもありますが、ヘルシーな一品です。

栄養価(1人分)

カルシウム
66mg
マグネシウム
73mg
リン
157mg
1.6mg
亜鉛
1.5mg
ビタミンA
99µg
ビタミンE
1.6mg
ビタミンB1
0.19mg
ビタミンB2
0.12mg
ビタミンB6
0.42mg
ビタミンB12
0.1µg
葉酸
27µg
ビタミンC
7mg
ビタミンD
0.0µg
煮物や麺類の残り汁など、実際には食さないと想定される栄養価は、上記リストから除いてあります。
読み込み中 読み込み中

材料

胚芽精米
55 g
55 g
水(炊飯用)
90 ml
90.0 g
鶏ひき肉
40 g
40.0 g
ひじき(乾燥)
4 g
4.0 g
にんじん
10 g
1/8本未満 (11 g)
玉ねぎ
20 g
1/8個 (21 g)
バナナ
5 g
1/8本未満 (8.3 g)
にんにく(すりおろし)
1 g
1/4片 (1.1 g)
しょうが(すりおろし)
3 g
3.0 g
大さじ1と1/3 (20 g)
20.0 g
カレーフレーク
10 g
10.0 g
しょうゆ
小さじ1/3 (2 g)
2.0 g
中濃ソース
小さじ1/3 (2 g)
2.0 g
小さじ1/3強 (1.5 g)
1.5 g
0.1 g
0.1 g
こしょう
少々
0.0 g
※ 使用量は野菜の皮、肉・魚の骨や内臓を取り除いたもので、食べられる部分の分量を表示しています。
※ 買物量は廃棄される部分も含んだ分量を表記しています。例: あさり(殻付き)の場合 使用量40g 買物量100g

手順

1

胚芽精米に、炊飯用の水を加えて普通に炊きます。

2

にんじん、玉ねぎ、水で戻したひじきをそれぞれフードプロセッサーで5mm角程度にします。

3

バナナはフードプロセッサーで細かくするか、フォークでつぶします。

4

フライパンににんにく、しょうが、油を入れて香りを出し、鶏ひき肉を加えて炒め、塩、こしょうを振ります。

5

④に②を入れて炒める。さらにバナナ、水を入れ、野菜に火が通るまで煮ます。

6

カレーフレーク、しょうゆ、ソースを加え、焦げないように混ぜながら水分をとばします。

7

皿にご飯を盛り付け、⑥を盛り付けて出来上がりです。

最近見たレシピ