おふくろの味 筑前煮

おふくろの味 筑前煮

管理栄養士のおすすめコメント

野菜に含まれる抗酸化作用のあるカリウムとビタミンC。鶏肉に含まれるたんぱく質との相乗効果で高血圧予防に○。

栄養価(1人分)

カルシウム
35mg
マグネシウム
34mg
リン
104mg
0.9mg
亜鉛
0.8mg
ビタミンA
79µg
ビタミンE
0.8mg
ビタミンB1
0.09mg
ビタミンB2
0.12mg
ビタミンB6
0.18mg
ビタミンB12
0.1µg
葉酸
39µg
ビタミンC
13mg
ビタミンD
0.3µg
煮物や麺類の残り汁など、実際には食さないと想定される栄養価は、上記リストから除いてあります。
読み込み中 読み込み中

材料

使用量

買物量(目安)

鶏もも肉(皮付)
20 g
20.0 g
れんこん
20 g
25 g
ごぼう
20 g
1/8本 (22 g)
人参
10 g
1/8本未満 (11 g)
里芋
20 g
1/2個 (24 g)
こんにゃく
25 g
1/8枚未満 (25.0 g)
乾しいたけ
2 g
1枚 (2.5 g)
サラダ油
小さじ1/2 (2 g)
2.0 g
しいたけだし
100 ml
100.0 g
調味料
 
 
醤油
小さじ1強 (7 g)
7.0 g
みりん
小さじ1強 (7 g)
7.0 g
料理酒
小さじ1 (5 g)
5.0 g
☆さやいんげん旬
5 g
3/4本 (5.2 g)
※ 使用量は野菜の皮、肉・魚の骨や内臓を取り除いたもので、食べられる部分の分量を表示しています。
※ 買物量は廃棄される部分も含んだ分量を表記しています。例: あさり(殻付き)の場合 使用量40g 買物量100g

手順

1

鶏もも肉(皮付)は一口大に切る。れんこん、ごぼう、人参、里芋は乱切りにする。

2

さやいんげんは3~4㎝に切り、熱湯で下茹でをする。

3

こんにゃくはスプーンでちぎり、下茹でをする。乾しいたけは水に浸し、1/4に切る。(浸した汁はしいたけだしとして使用)

4

鍋にサラダ油をひき、火にかけ、鶏もも肉(皮付)を炒める。

5

表面に焼き色がついたら、れんこん、ごぼう、人参、里芋、こんにゃくを入れ、さらに炒める。

6

5にしいたけだしを入れ加熱し、調味料を加え、落し蓋をして煮含める。汁がなくなってきたら、さやいんげんを加える。

最近見たレシピ