煮込まない野菜カレー

煮込まない野菜カレー

管理栄養士のおすすめコメント

身体の中から綺麗を目指すレシピ。若さを保つ抗酸化ビタミンや、デトックス作用のある食物繊維などを豊富に含みます。

栄養価(1人分)

カルシウム
108mg
マグネシウム
182mg
リン
480mg
5.1mg
亜鉛
2.9mg
ビタミンA
314µg
ビタミンE
8.0mg
ビタミンB1
0.68mg
ビタミンB2
0.26mg
ビタミンB6
0.97mg
ビタミンB12
0.0µg
葉酸
193µg
ビタミンC
102mg
ビタミンD
0.0µg
煮物や麺類の残り汁など、実際には食さないと想定される栄養価は、上記リストから除いてあります。
読み込み中 読み込み中

材料

トマトホール缶
100 g
100.0 g
50 ml
50.0 g
コンソメ
小さじ1/2 (1.5 g)
1.5 g
野菜のカレーフレーク(VEGE CURREY FLAKE)
45 g
45.0 g
玉ねぎ
25 g
1/8個 (27 g)
ブロッコリー 旬
50 g
100 g
かぼちゃ
70 g
1/8個未満 (78 g)
玄米ごはん
玄米
112 g
112 g
糸こんにゃく
25 g
1/8袋 (25.0 g)
110 ml
110.0 g
※ 使用量は野菜の皮、肉・魚の骨や内臓を取り除いたもので、食べられる部分の分量を表示しています。
※ 買物量は廃棄される部分も含んだ分量を表記しています。例: あさり(殻付き)の場合 使用量40g 買物量100g

手順

1

※4人分が作りやすい分量です。洗った玄米と細かく切った糸こんにゃく、炊飯用の水を圧力鍋に入れてフタを占め、強火にかける。

2

圧力がかかったら、2分は強火のままにし、その後、弱火に25分かける。

3

別の鍋にトマトホール缶とコンソメ、水を分量の半量入れて火にかける。

4

トマトが柔らかくなったら、カレーフレークを入れて混ぜ合わせ、残りの水で濃度を調整する。

5

粗みじん切りにした玉ねぎと、一口大に切ったブロッコリーとカボチャをレンジ(500W)に3~4分かける。

6

手順5の野菜を手順4のカレーと合わせ、玄米ごはんと一緒に皿に盛りつける。

最近見たレシピ