冷やし餃子

冷やし餃子

管理栄養士のおすすめコメント

さっぱりとサラダ感覚で頂ける餃子。貧血の予防に効果のあるビタミンB6、ビタミンC、葉酸が多く含まれます。

栄養価(1人分)

カルシウム
76mg
マグネシウム
31mg
リン
95mg
1.3mg
亜鉛
1.3mg
ビタミンA
55µg
ビタミンE
0.9mg
ビタミンB1
0.28mg
ビタミンB2
0.15mg
ビタミンB6
0.25mg
ビタミンB12
0.2µg
葉酸
80µg
ビタミンC
33mg
ビタミンD
0.1µg
煮物や麺類の残り汁など、実際には食さないと想定される栄養価は、上記リストから除いてあります。
読み込み中 読み込み中

材料

使用量

買物量(目安)

※1人当たり4個付け
 
 
餃子の皮(大判)
32 g
5枚 (32.0 g)
豚挽き肉
30 g
30.0 g
キャベツ
40 g
1枚 (47 g)
にら
10 g
1/8束 (11 g)
塩こしょう
0.2 g
0.2 g
鶏がらスープの素
小さじ1/6強 (0.5 g)
0.5 g
オイスターソース
小さじ1/6強 (1 g)
1.0 g
しょうゆ
小さじ1/3 (2 g)
2.0 g
小さじ1/3弱 (1.5 g)
1.5 g
おろしにんにく
1 g
1/4片 (1.1 g)
おろし生姜
1 g
1.0 g
付け合せ
 
 
水菜(5cm長さ)
20 g
1/8束 (24 g)
大根(せん切り)旬
10 g
1/3cm (12 g)
ぽん酢しょうゆ
小さじ1弱 (5 g)
5.0 g
※ 使用量は野菜の皮、肉・魚の骨や内臓を取り除いたもので、食べられる部分の分量を表示しています。
※ 買物量は廃棄される部分も含んだ分量を表記しています。例: あさり(殻付き)の場合 使用量40g 買物量100g

手順

1

キャベツとニラは細かく切る。皮以外の材料をボウルに入れてよく混ぜる。

2

餃子の皮で包んで、熱湯で5分茹でたら氷水にとって冷やす。

3

水菜と大根を器に盛り付け、その上に餃子のせ、ぽん酢しょうゆをかけます。

最近見たレシピ