暑い日に 茄子とピーマンの味噌煮浸し

暑い日に 茄子とピーマンの味噌煮浸し

管理栄養士のおすすめコメント

レンジで簡単!温冷どちらでも美味しく頂ける一品。夏野菜には抗酸化効果の高いビタミンA、C、Eがたっぷり含まれます。

栄養価(1人分)

カルシウム
15mg
マグネシウム
15mg
リン
31mg
0.4mg
亜鉛
0.2mg
ビタミンA
24µg
ビタミンE
0.6mg
ビタミンB1
0.04mg
ビタミンB2
0.03mg
ビタミンB6
0.11mg
ビタミンB12
0.0µg
葉酸
26µg
ビタミンC
25mg
ビタミンD
0.0µg
煮物や麺類の残り汁など、実際には食さないと想定される栄養価は、上記リストから除いてあります。
読み込み中 読み込み中

材料

使用量

買物量(目安)

ピーマン旬
25 g
1個 (29 g)
茄子旬
25 g
1/3本 (28 g)
トマト旬
30 g
1/6個 (31 g)
みょうが旬
5 g
1/2個 (5.2 g)
A味噌
小さじ1/2 (3 g)
3.0 g
Aめんつゆ(3倍濃縮)
小さじ1/3弱 (1.5 g)
1.5 g
Aぽん酢しょうゆ
小さじ1/3弱 (1.5 g)
1.5 g
A酒
小さじ1/3弱 (1.5 g)
1.5 g
Aみりん
小さじ1/3 (2 g)
2.0 g
Aにんにく(すりおろし)旬
1 g
1/4片 (1.1 g)
B粗挽き黒こしょう
少々
0.1 g
Bオリーブ油
小さじ1/4 (1 g)
1.0 g
※ 使用量は野菜の皮、肉・魚の骨や内臓を取り除いたもので、食べられる部分の分量を表示しています。
※ 買物量は廃棄される部分も含んだ分量を表記しています。例: あさり(殻付き)の場合 使用量40g 買物量100g

手順

1

ピーマンは1cm幅くらいの細切りに、茄子は薄めの半月切り、トマトは1.5cmくらいの角切りにします。

2

耐熱容器に茄子、ピーマン、Aの順で入れて蓋をする。600Wレンジで2分加熱して野菜の様子で30秒〜1分追加加熱します。

3

全体を混ぜ、角切りにしたトマトを加えてさらに1分加熱します。※加熱時間は3人分の目安です。

4

3を全体に絡むようにざっくりと混ぜたら皿に盛り、せん切りにしたみょうがとBをかけて出来上がりです。

最近見たレシピ