小豆のぜんざい お汁粉

小豆のぜんざい  お汁粉

管理栄養士のおすすめコメント

砂糖を控えた、優しい甘さのぜんざい。砂糖は小豆が軟らかくなってから、数回に分けて加えるのが、美味しく作るコツです。

栄養価(1人分)

カルシウム
9mg
マグネシウム
14mg
リン
36mg
0.5mg
亜鉛
0.7mg
ビタミンA
0µg
ビタミンE
0.0mg
ビタミンB1
0.05mg
ビタミンB2
0.02mg
ビタミンB6
0.04mg
ビタミンB12
0.0µg
葉酸
8µg
ビタミンC
0mg
ビタミンD
0.0µg
煮物や麺類の残り汁など、実際には食さないと想定される栄養価は、上記リストから除いてあります。
読み込み中 読み込み中

材料

使用量

買物量(目安)

小豆
25 g
25.0 g
砂糖
大さじ1と2/3 (15 g)
15.0 g
少々 (0.08 g)
0.1 g
水①
60 ml
60.0 g
水②
80 ml
80.0 g
水③、④、⑤
大さじ1と1/3 (20 g)
20.0 g
50 g
1個 (50.0 g)
※ 使用量は野菜の皮、肉・魚の骨や内臓を取り除いたもので、食べられる部分の分量を表示しています。
※ 買物量は廃棄される部分も含んだ分量を表記しています。例: あさり(殻付き)の場合 使用量40g 買物量100g

手順

1

※一人分の6倍量(6人分)が作りやすい分量です。

2

洗った豆を鍋に入れ、水①を入れ、強火にかける。

3

全体が沸騰したら、ざるにあける。

4

この、2と3の手順を3回繰り返す。

5

茹でこぼしを終えた小豆と、水②を鍋に入れ強火にかけ、沸いたらあくをすくい、水③を入れ沸かしあくをすくう。

6

弱火にして煮る。蓋をずらしてのせて、50~60分。まめが膨らみ、水が少なくなります。やわらかく煮えたか確認したら、

7

砂糖を数回に分けて加え、お玉を鍋底に押し当てるように豆を潰します。全体が潰れたら、水④を加え、10分程弱火で煮ます。

8

水⑤を加減して好みの濃度にのばすようにして温め、塩を加えて味を調える。器によそい、焼いたお餅を入れます。

最近見たレシピ