梅干しの茶碗蒸し

梅干しの茶碗蒸し

栄養士のおすすめコメント

体調に合わせて、温かく、もしくは冷やしてもおいしくいただけます。 「乳がんの人のための日常レシピ」より

栄養価(1人分)

カルシウム
23mg
マグネシウム
10mg
リン
70mg
1.0mg
亜鉛
0.4mg
ビタミンA
46µg
ビタミンE
0.3mg
ビタミンB1
0.03mg
ビタミンB2
0.14mg
ビタミンB6
0.04mg
ビタミンB12
0.5µg
葉酸
16µg
ビタミンC
0mg
ビタミンD
0.5µg
煮物や麺類の残り汁など、実際には食さないと想定される栄養価は、上記リストから除いてあります。
読み込み中 読み込み中

材料

使用量

買物量(目安)

だし汁
92.5 ml
93 g
30.0 g
2/3個 (35 g)
梅干し(大)
15.0 g
2個 (20 g)
飾り用芽ねぎ
1.0 g
1.0 g
飾り用梅干し
3.0 g
1/3個 (4.0 g)
少々 (0.1 g)
0.1 g
※ 使用量は野菜の皮、肉・魚の骨や内臓を取り除いたもので、食べられる部分の分量を表示しています。
※ 買物量は廃棄される部分も含んだ分量を表記しています。例: あさり(殻付き)の場合 使用量40g 買物量100g

手順

1

梅干しは種を取っておく。

2

卵をといてだし汁を加え、塩で味を調える。

3

器に梅干しを入れて2を流し込み、蒸気のあがったセイロ(または蒸し器)に入れて強火で1分、弱火で約8分蒸しあげる。

4

蒸しあがったら残りの梅干しをのせ、芽ねぎを添える。

最近見たレシピ