チンゲン菜ときのこのオイスターソース

チンゲン菜ときのこのオイスターソース

管理栄養士のおすすめコメント

色鮮やかな青梗菜・にんじんと歯ごたえが良いきのこの炒め物。オイスターソースが野菜の旨味を引き立てます。

栄養価(1人分)

カルシウム
66mg
マグネシウム
20mg
リン
66mg
0.9mg
亜鉛
0.6mg
ビタミンA
206µg
ビタミンE
0.5mg
ビタミンB1
0.09mg
ビタミンB2
0.14mg
ビタミンB6
0.14mg
ビタミンB12
0.1µg
葉酸
65µg
ビタミンC
15mg
ビタミンD
0.9µg
煮物や麺類の残り汁など、実際には食さないと想定される栄養価は、上記リストから除いてあります。
読み込み中 読み込み中

材料

チンゲン菜
60 g
71 g
しいたけ
15 g
1枚 (19 g)
しめじ
15 g
1/6パック (17 g)
まいたけ
15 g
1/6パック (17 g)
にんじん
15 g
1/8本 (17 g)
にんにく
1 g
1/4片 (1.1 g)
ごま油
小さじ1/2 (2 g)
2.0 g
調味料A
オイスターソース
小さじ3/4 (4 g)
4.0 g
小さじ1/2強 (3 g)
3.0 g
鶏がらスープの素
小さじ1/3強 (1 g)
1.0 g
大さじ1と1/3 (20 g)
20.0 g
片栗粉
小さじ1/2 (1.5 g)
1.5 g
※ 使用量は野菜の皮、肉・魚の骨や内臓を取り除いたもので、食べられる部分の分量を表示しています。
※ 買物量は廃棄される部分も含んだ分量を表記しています。例: あさり(殻付き)の場合 使用量40g 買物量100g

手順

1

チンゲン菜は、葉と軸に切り分け、軸は、6つぐらいに割っておく。葉と軸は別にしておく。

2

にんじんは、ピーラーを使って、薄いリボン状にしておく。

3

シイタケは、厚めのそぎ切り。しめじ・マイタケはほぐしておく。にんにくは、薄切りにする。

4

調味料Aを合わせておく。

5

フライパンを中火にかけ、油をひき、にんにくを炒める。香りが出たら、チンゲン菜の軸の方を炒める。

6

チンゲン菜がしんなりしてきたら、にんじん・きのこを入れて炒める。

7

葉の部分も入れてさらに炒める。火が通ったら、合わせておいた調味料を加えて混ぜ、全体にからめたら出来上がり。

8

器に、おいしそうに盛り付けて、お召し上がりください。

最近見たレシピ