読む、えいよう

みそ汁がぐっとおいしくなる豆知識

シンプルで奥深い“みそ汁”

みそ特有の味や香りは、料理に風味やコクを与えてくれます。みそを使った代表的な料理といえば、みそ汁。 作り方はいたってシンプル。けれど、作り方によっては塩分が高くなりがちです。今回は、減塩みそ汁のおいしい作り方を紹介します。

おいしくてヘルシーなみそ汁の作り方

みそ汁はとても簡単に作れる料理ですが、ほんの少しこだわるだけで、数倍もおいしくなります。自己流で作っている方は、ぜひみそ汁の基本的な作り方にそって作ってみてください。さらに減塩のポイントを解説します。

420

工程1:具材を切る

具材の合わせ方のコツは、浮くものと沈むもの、青いものと白いもの(例/ほうれん草と豆腐)、動物性(肉や魚)と植物性(豆腐や野菜)などを意識して選ぶことです。具材の大きさや切り方(いちょう切りや短冊切り)を揃えると食べやすくなります。
また、具だくさんにして汁の量を少なくすると、減塩につながります。カリウムや食物繊維の多い野菜や海藻などの具材もおすすめです。

419

工程2:だし汁で具材を煮る

だしはこれが決まりといったものはありませんが、自然な味わいのだしを効かせると、薄味でもおいしくいただけます。たとえば「実は簡単!合わせだしの基本を知ってる?」で紹介している昆布とかつお節からとっただしは、塩分控えめでうま味がたっぷりなのでおすすめです。具材は火が通りにくいものから入れ、香りや食感を楽しみたい具材は、みそを入れた後に入れます。

工程3:仕上げの味付け

具材に火が通ったら弱火にしてみそを溶き入れ、みそを入れたら沸騰直前で火を止めます。グラグラと煮立てたり、何度も加熱をするとうま味や香り、滑らかな口当たりが損なわれてしまいます。みそ汁を少しでもおいしく温め直すには、電子レンジで温めることをおすすめします。また、「合わせみそ」といって、米味噌と豆味噌、白味噌と赤味噌、甘口と辛口などの性質の違うみそをブレンドすると、より豊かな味が楽しめます。

お味噌汁のおすすめレシピ

玉ねぎとにんじんのみそ汁
by おいしい健康さん
玉ねぎとにんじんの甘みと、油揚げのうま味が溶け出したみそ汁。ほっとする味わいです
えのきたけと絹さやのみそ汁
by おいしい健康さん
絹さやのシャキシャキとした食感と、ほんのりとした甘みが感じられるみそ汁です
落とし卵のみそ汁
by おいしい健康さん
卵をだし汁で静かに煮て、消化の良い半熟状に仕上げます。食欲がないときにも
編集:おいしい健康編集部
監修:おいしい健康管理栄養士
アプリをインストール