高知ブランド「赤牛」のヘルシー焼肉丼

高知ブランド「赤牛」のヘルシー焼肉丼

管理栄養士のおすすめコメント

少量でも高カロリーな和牛にきのこをプラス。カロリー控えめでも満足出来る丼が完成です。「ハートレシピ 高知編 」より

栄養価(1人分)

カルシウム
29mg
マグネシウム
38mg
リン
177mg
1.1mg
亜鉛
4.1mg
ビタミンA
17µg
ビタミンE
1.1mg
ビタミンB1
0.13mg
ビタミンB2
0.20mg
ビタミンB6
0.34mg
ビタミンB12
0.7µg
葉酸
54µg
ビタミンC
23mg
ビタミンD
0.2µg
煮物や麺類の残り汁など、実際には食さないと想定される栄養価は、上記リストから除いてあります。
読み込み中 読み込み中

材料

ご飯
160 g
160.0 g
土佐赤牛ロース
60 g
60.0 g
エリンギ
20 g
1/4パック (21 g)
ししとうがらし 旬
30 g
11本 (33 g)
植物油
小さじ3/4 (3 g)
3.0 g
あさつき
3 g
3.0 g
大根
40 g
1.5cm (47 g)
【焼肉のたれ】
たまりしょうゆ
小さじ1/3 (2 g)
2.0 g
こいくちしょうゆ
3 g
3 g
小さじ1/3強 (2 g)
2.0 g
みりん
小さじ1/3 (2 g)
2.0 g
りんご
1.5 g
1/8個未満 (1.8 g)
うすくちしょうゆ
0.5 g
0.5 g
砂糖
小さじ1/2 (1.5 g)
1.5 g
玉ねぎ
4 g
1/8個未満 (4.3 g)
生姜 旬
0.5 g
1/8片未満 (0.6 g)
にんにく
0.5 g
1/8片 (0.5 g)
ごま
小さじ1/6 (0.5 g)
0.5 g
赤辛味噌
小さじ1/6 (1 g)
1.0 g
一味唐辛子
少々
0.1 g
※ 使用量は野菜の皮、肉・魚の骨や内臓を取り除いたもので、食べられる部分の分量を表示しています。
※ 買物量は廃棄される部分も含んだ分量を表記しています。例: あさり(殻付き)の場合 使用量40g 買物量100g

手順

1

牛ロース肉は、焼肉用(1枚20g)にカットする。

2

エリンギは縦に裂いて、ししとうがらしは種を取り、斜めにカットする。

3

フライパンに油を熱し、肉を両面焼く(焼き加減はお好みで)。

4

肉を取り出して、エリンギとししとうがらしを焼く。

5

肉をフライパンに戻して、たれを回し入れて、材料に絡めて火を止める。

6

丼にご飯を入れ、ご飯の上に5の具材を並べ、残りのたれをかける。

7

お好みで、大根おろしと小口切りのあさつきを添える。

8

【焼肉のたれの作り方】ミキサーにかけた材料を、鍋に移し、中火で混ぜながら加熱する。

9

沸騰してきたら火を弱めアクを取りながら 15~20分間混ぜ、火を止めて冷ます。※残りは冷蔵庫で保存できます。

最近見たレシピ