梅ツナマヨのおにぎらず

梅ツナマヨのおにぎらず
おいしい健康

管理栄養士のおすすめコメント

にぎらずに海苔とご飯で具を包む「おにぎらず」。ツナマヨと梅干しのユニークな組み合わせが絶妙にマッチします。

栄養価(1人分)

カルシウム
19mg
マグネシウム
26mg
リン
101mg
0.8mg
亜鉛
1.1mg
ビタミンA
81µg
ビタミンE
1.0mg
ビタミンB1
0.06mg
ビタミンB2
0.10mg
ビタミンB6
0.09mg
ビタミンB12
1.9µg
葉酸
63µg
ビタミンC
7mg
ビタミンD
0.3µg
煮物や麺類の残り汁など、実際には食さないと想定される栄養価は、上記リストから除いてあります。

このレシピのエピソード

梅干しの酸味とツナマヨが相性抜群の一品。おにぎらずは、海苔にご飯と具をのせて包むだけでとても手軽に作れます。梅の酸味と青じその爽やかな香りで食欲がない時にもおすすめです。4等分にすれば、ミニサイズのおにぎりとして間食にもぴったり。持ち運びも簡単で、外出先などで食べたいときに食べられます。

読み込み中 読み込み中

材料

ご飯
150 g
150.0 g
焼き海苔
3 g
1枚 (3.0 g)
ツナ油漬
15 g
15.0 g
マヨネーズ
小さじ1 (4 g)
4.0 g
梅肉
小さじ1/3弱 (8 g)
1個 (11 g)
青じそ 旬
1 g
2枚 (1.0 g)
※ 使用量は野菜の皮、肉・魚の骨や内臓を取り除いたもので、食べられる部分の分量を表示しています。
※ 買物量は廃棄される部分も含んだ分量を表記しています。例: あさり(殻付き)の場合 使用量40g 買物量100g

手順

1

ツナの油をきり、ボウルに入れてマヨネーズと梅肉を加えて混ぜます。

2

まな板の上に、海苔をひし形になるようにのせて、一人分の半量のご飯を中央に四角くのせます。

3

ご飯の上に青じそをのせ、その上に1を全体に広げるようにのせます。

4

ツナの上に、残りのご飯をのせます。

5

海苔の四つ角を中央に向けて折りたたみ、ご飯が見えないようにしっかりと包みます。

最近見たレシピ