牛肉とごぼうのコチュジャン炒め 牛肉とごぼうのコチュジャン炒め

牛肉とごぼうのコチュジャン炒め

  • エネルギー 242 kcal
  • 食塩相当量 1.4 g

牛肉とごぼうのコチュジャン炒め

  • エネルギー 242 kcal
  • 食塩相当量 1.4 g
山都すみれさんのレシピ

食べごたえ抜群のコチュジャン炒め。ごぼうやねぎの香りがよく、牛肉やしいたけのうまみが染みた、ごはんにぴったりの味です。
  • 脂質カット
  • 塩分カット
  • カロリーカット


このレシピの栄養価

あなたの食事基準に合わせた
レシピの栄養価が表示されます

すべての栄養価(1人分)を表示 すべての栄養価 (1人分)

エネルギー
242 kcal
たんぱく質
18.2 g
脂質
12.8 g
炭水化物
12.6 g
糖質
8.7 g
コレステロール
56 mg
食塩相当量
1.4 g
食物繊維
3.9 g
カリウム
539 mg
カルシウム
35 mg
マグネシウム
51 mg
リン
207 mg
1.7 mg
亜鉛
4.3 mg
ビタミンA
5 µg
ビタミンE
1.0 mg
ビタミンB1
0.13 mg
ビタミンB2
0.24 mg
ビタミンB6
0.39 mg
ビタミンB12
1.0 µg
葉酸
67 µg
ビタミンC
6 mg
ビタミンD
0.1 µg
エネルギー
242 kcal
たんぱく質
18.2 g
脂質
12.8 g
炭水化物
12.6 g
糖質
8.7 g
コレステロール
56 mg
食塩相当量
1.4 g
食物繊維
3.9 g
カリウム
539 mg
カルシウム
35 mg
マグネシウム
51 mg
リン
207 mg
1.7 mg
亜鉛
4.3 mg
ビタミンA
5 µg
ビタミンE
1.0 mg
ビタミンB1
0.13 mg
ビタミンB2
0.24 mg
ビタミンB6
0.39 mg
ビタミンB12
1.0 µg
葉酸
67 µg
ビタミンC
6 mg
ビタミンD
0.1 µg
煮物や麺類の残り汁など、実際には食さないと想定される栄養価は、上記リストから除いてあります。

材料 1 人分

  • 牛もも薄切り肉
    80 g
  • ごぼう
    40 g
  • 長ねぎ
    30 g
  • しいたけ
    20 g
  • サラダ油
    小さじ1/2 (2 g)
  • 調味料A(牛肉下味用)
    • 小さじ1/2 (2.5 g)
    • しょうゆ
      小さじ1/2 (3 g)
  • 調味料B
    • しょうゆ
      小さじ3/4 (4.5 g)
    • 小さじ1/2 (2.5 g)
    • コチュジャン
      小さじ1/2 (3 g)
  • 仕上げ
    • 粗びき黒こしょう
      少々
  • 牛もも薄切り肉
    80.0 g
  • ごぼう
    1/4本 (44 g)
  • 長ねぎ
    1/3本 (50 g)
  • しいたけ
    1.5枚 (25 g)
  • サラダ油
    2.0 g
  • 調味料A(牛肉下味用)
    • 2.5 g
    • しょうゆ
      3.0 g
  • 調味料B
    • しょうゆ
      4.5 g
    • 2.5 g
    • コチュジャン
      3.0 g
  • 仕上げ
    • 粗びき黒こしょう
      0.1 g
  • ※ 使用量は野菜の皮、肉・魚の骨や内臓を取り除いたもので、食べられる部分の分量を表示しています。
  • ※ 買物量は廃棄される部分も含んだ分量を表記しています。例: あさり(殻付き)の場合 使用量40g 買物量100g

作り方

  • 1
    ごぼうは斜め薄切りにして水にさらします。長ねぎは斜め切りに、しいたけは薄切りにします。
  • 2
    牛肉は食べやすい大きさに切り、調味料Aを揉み込みます。
  • 3
    フライパンにサラダ油を中火で熱し、1を炒めます。長ねぎが透き通ってきたら、牛肉を下味ごと加えて炒めます。
  • 4
    牛肉の色が変わったら調味料Bを加え、炒め合わせます。仕上げに粗びき黒こしょうを振って出来上がりです。


  • レシピQA

    コチュジャンの量は子どもも食べられる辛さですか?

    • 2020年12月10日

    ご質問ありがとうございます。 こちらのレシピでのコチュジャンの使用量は、強い辛みを感じる量ではないかと思いますが、辛みの感じ方は個人差も大きいことから、お子様が辛いものを苦手な場合や食べ慣れていない場合は避けていただいた方がよろしいかと存じます。またコチュジャンの量を1/2程度に減らしてお作りいただくか、コチュジャンの代わりにみそや砂糖を入れていただいてもおいしく召し上がっていただけるかと思います。 参考になれば幸いです。

    • おいしい健康管理栄養士
    • 2020年12月10日

    このレシピに使われている食材について