クタクタの牛すじ煮込み

クタクタの牛すじ煮込み
by チンペイ

管理栄養士のおすすめコメント

しょうがの風味がきいた牛すじ煮込み。圧力鍋で煮込むことで、咀しゃくしにくい牛すじもとろとろ柔らかに仕上がります。

栄養価(1人分)

カルシウム
26mg
マグネシウム
11mg
リン
36mg
0.9mg
亜鉛
0.2mg
ビタミンA
2µg
ビタミンE
0.2mg
ビタミンB1
0.02mg
ビタミンB2
0.06mg
ビタミンB6
0.05mg
ビタミンB12
0.4µg
葉酸
23µg
ビタミンC
4mg
ビタミンD
0.0µg
煮物や麺類の残り汁など、実際には食さないと想定される栄養価は、上記リストから除いてあります。

チンペイさんのレシピのエピソード

上顎洞がん、上咽頭がんの放射線治療で、治療の後半に口の中がすべて口内炎になり、ひどい痛みに加え、味覚もほとんどなくなりました。そんな時にでも少しの味覚を感じられたのが、牛乳やバターなどの動物性脂肪でした。少しでも柔らかく食べられるように、圧力鍋を使って料理していたメニューの中で、お気に入り一品でした。

読み込み中 読み込み中

材料

作りやすい分量

4人分が作りやすい量です

使用量

買物量(目安)

牛すじ肉
400 g
400.0 g
大さじ1 (15 g)
15.0 g
小さじ1 (6 g)
6.0 g
長ねぎ旬
100 g
1本 (170 g)
しょうが
35 g
3片 (44 g)
Aしょうゆ
大さじ1 (18 g)
18.0 g
Aみりん
大さじ1 (18 g)
18.0 g
A酒
大さじ1 (15 g)
15.0 g
長ねぎ(白髪ねぎ)旬
5 g
1/8本未満 (8.3 g)
※ 使用量は野菜の皮、肉・魚の骨や内臓を取り除いたもので、食べられる部分の分量を表示しています。
※ 買物量は廃棄される部分も含んだ分量を表記しています。例: あさり(殻付き)の場合 使用量40g 買物量100g

手順

1

長ねぎは2cmのぶつ切り、しょうがは薄切りにします。圧力鍋に牛すじ肉、長ねぎとしょうがを入れます。

2

肉がかぶるくらいの水を加え、塩と酒を入れて、蓋をしないで強火にかけます。

3

煮立ったら、アクを取ります。

4

水が少なくなったら、その都度足します。圧力鍋の蓋をして高圧にセットし、25分加圧します。

5

火からおろし、自然冷却します。十分冷めてから蓋を開けます。圧力鍋が完全に冷めて蓋が開けられる状態になるまで置きます。

多めに作った場合は、ここで取り分けてスープごと冷凍庫でストックします。

6

蓋を開けて、A を加え、10分ほど煮込みます。器に盛り、白髪ねぎをのせて、出来上がりです。

7

※塩分量は、煮汁を半分残した場合の量で計算しています。

最近見たレシピ