トマト缶で簡単 ハヤシライス トマト缶で簡単 ハヤシライス

トマト缶で簡単 ハヤシライス

  • エネルギー 762 kcal
  • 食塩相当量 2.0 g

トマト缶で簡単 ハヤシライス

  • エネルギー 762 kcal
  • 食塩相当量 2.0 g
おいしい健康

トマトのうまみたっぷりのハヤシライス。トマトの酸味で、暑い季節でも食べやすいさっぱりとした味わいに。
  • カロリーアップ

このレシピのエピソード

ルーいらずのトマトのうまみを活かしたハヤシライス。玉ねぎをしっかり炒めて甘みをだし、バターを最後に入れて風味を残し、より味わい深い一皿に。牛肉は小さめの一口大に切り、玉ねぎは繊維を断って薄切りにすることで飲み込みやすいひと工夫も。はっきりとした味なので味覚を感じにくいときにもおすすめです。


このレシピの栄養価

あなたの食事基準に合わせた
レシピの栄養価が表示されます

すべての栄養価(1人分)を表示 すべての栄養価 (1人分)

エネルギー
762 kcal
たんぱく質
22.9 g
脂質
35.4 g
炭水化物
82.1 g
コレステロール
82 mg
食塩相当量
2.0 g
食物繊維
3.7 g
カリウム
829 mg
カルシウム
50 mg
マグネシウム
58 mg
リン
258 mg
2.2 mg
亜鉛
5.9 mg
ビタミンA
115 µg
ビタミンE
3.0 mg
ビタミンB1
0.21 mg
ビタミンB2
0.25 mg
ビタミンB6
0.49 mg
ビタミンB12
1.7 µg
葉酸
55 µg
ビタミンC
22 mg
ビタミンD
0.1 µg
エネルギー
762 kcal
たんぱく質
22.9 g
脂質
35.4 g
炭水化物
82.1 g
コレステロール
82 mg
食塩相当量
2.0 g
食物繊維
3.7 g
カリウム
829 mg
カルシウム
50 mg
マグネシウム
58 mg
リン
258 mg
2.2 mg
亜鉛
5.9 mg
ビタミンA
115 µg
ビタミンE
3.0 mg
ビタミンB1
0.21 mg
ビタミンB2
0.25 mg
ビタミンB6
0.49 mg
ビタミンB12
1.7 µg
葉酸
55 µg
ビタミンC
22 mg
ビタミンD
0.1 µg
煮物や麺類の残り汁など、実際には食さないと想定される栄養価は、上記リストから除いてあります。

材料 2 人分

2人分が作りやすい分量です
  • 牛切り落とし肉
    200 g
  • 玉ねぎ
    100 g
  • 小麦粉
    大さじ2 (18 g)
  • オリーブ油
    大さじ2/3 (8 g)
  • トマト缶
    300 g
  • 200 ml
  • ケチャップ
    大さじ1 (15 g)
  • ウスターソース
    大さじ2 (36 g)
  • 砂糖
    小さじ1 (3 g)
  • バター
    小さじ2と1/2 (10 g)
  • ご飯
    300 g
  • パセリ(みじん切り)
    2 g
  • 牛切り落とし肉
    200.0 g
  • 玉ねぎ
    1/2個 (110 g)
  • 小麦粉
    18.0 g
  • オリーブ油
    8.0 g
  • トマト缶
    3/4カン (300.0 g)
  • 200.0 g
  • ケチャップ
    15.0 g
  • ウスターソース
    36.0 g
  • 砂糖
    3.0 g
  • バター
    10.0 g
  • ご飯
    300.0 g
  • パセリ(みじん切り)
    2.2 g
  • ※ 使用量は野菜の皮、肉・魚の骨や内臓を取り除いたもので、食べられる部分の分量を表示しています。
  • ※ 買物量は廃棄される部分も含んだ分量を表記しています。例: あさり(殻付き)の場合 使用量40g 買物量100g

作り方

  • 1
    牛肉は小さめの一口大に切り、玉ねぎは繊維を断つように薄切りにします。
  • 2
    鍋にオリーブ油を熱して牛肉を炒めます。肉の色が変わったら玉ねぎを加えてさらに炒めます。
  • 3
    玉ねぎがしんなりしたら火を止め、小麦粉を加えて混ぜます。
  • 4
    粉っぽさがなくなったら、水、トマト缶を加えて再び火にかけます。
  • 5
    煮立ったらあくを取り、ケチャップ、ウスターソース、砂糖を加えます。蓋をして弱火で10分煮込み、仕上げにバターを混ぜます。
  • 6
    ごはんを盛り、5をかけ、パセリを散らして出来上がりです。


  • このレシピは、以下の取り組みによって公開されています

    がんサバイバーキッチン
    みんなの寄付レシピとは、レシピを投稿することで疾患を抱える方を支援する取り組みです。 実体験から生まれたレシピを通じて、同じ疾患で悩んでいる方を助け、素敵な発見に役立てたいという思いから始まりました。 あなたのレシピが多くの人に届くように、投稿してみませんか?