炒めいんげんの胡麻和え

炒めいんげんの胡麻和え
おいしい健康

管理栄養士のおすすめコメント

旬のいんげんを炒めて、ごまの香りと風味でいただく一皿。いんげんのキュキュっという食感が苦手な人にもおすすめです。

栄養価(1人分)

カルシウム
61mg
マグネシウム
24mg
リン
42mg
0.7mg
亜鉛
0.4mg
ビタミンA
25µg
ビタミンE
0.5mg
ビタミンB1
0.05mg
ビタミンB2
0.07mg
ビタミンB6
0.06mg
ビタミンB12
0.0µg
葉酸
30µg
ビタミンC
4mg
ビタミンD
0.0µg
煮物や麺類の残り汁など、実際には食さないと想定される栄養価は、上記リストから除いてあります。

このレシピのエピソード

旬のいんげんをごま油で炒めてから、胡麻和えにするアレンジレシピ。炒めることで、エネルギーがアップ。また、お湯を沸かす必要がないので、ゆでるより短時間で作れます。ごまは半分ほどすると、より香りが立ち、風味豊かな一皿に。旬のいんげんであれば、筋取りをせずに作ることができます。

読み込み中 読み込み中

材料

使用量

買物量(目安)

さやいんげん
50 g
7本 (52 g)
サラダ油
小さじ3/4 (3 g)
3.0 g
Aしょうゆ
小さじ1/2 (3 g)
3.0 g
A砂糖
小さじ1/2 (1.5 g)
1.5 g
A酒
小さじ1/2 (2.5 g)
2.5 g
A白炒りごま
小さじ1 (3 g)
3.0 g
※ 使用量は野菜の皮、肉・魚の骨や内臓を取り除いたもので、食べられる部分の分量を表示しています。
※ 買物量は廃棄される部分も含んだ分量を表記しています。例: あさり(殻付き)の場合 使用量40g 買物量100g

手順

1

ごまは半分ほどすりばちですり、Aと混ぜ合わせます。

2

さやいんげんは、筋が気になる場合は取り除き、2等分に切ります。

3

フライパンにサラダ油を熱し、中火でさやいんげんを炒めます。

4

さやいんげんに焼き色が付いたら、1を加え、軽く混ぜ合わせたら出来上がりです。

最近見たレシピ