夏野菜たっぷりラタトゥイユ

夏野菜たっぷりラタトゥイユ
by 高野久美子

管理栄養士のおすすめコメント

夏野菜の色鮮やかなラタトゥイユ。無水調理で野菜のうまみが凝縮した一品です。常備菜として、冷やしてもおいしい。

栄養価(1人分)

カルシウム
41mg
マグネシウム
41mg
リン
76mg
1.0mg
亜鉛
0.7mg
ビタミンA
80µg
ビタミンE
2.9mg
ビタミンB1
0.12mg
ビタミンB2
0.10mg
ビタミンB6
0.38mg
ビタミンB12
0.0µg
葉酸
98µg
ビタミンC
151mg
ビタミンD
0.0µg
煮物や麺類の残り汁など、実際には食さないと想定される栄養価は、上記リストから除いてあります。

高野久美子さんのレシピのエピソード

大腸がんの術後、野菜はたっぷりと食べたいけれど、生野菜はお腹への刺激が強く食べられませんでした。そんな時、緑黄色野菜が多くとれて、食欲がない時も箸が進んだのがラタトゥイユ。作っている時から、カラフルで楽しくなるので、ずっとずっと大好きなメニューです。あたたかくても冷たくてもおいしいので、冷奴にのせて食べるのもおすすめです。

読み込み中 読み込み中

材料

使用量

買物量(目安)

玉ねぎ
25 g
1/8個 (27 g)
ズッキーニ旬
100 g
1/2本 (100 g)
パプリカ旬
75 g
1/2個 (83 g)
ミニトマト
50 g
5個 (51 g)
オリーブ油
小さじ3/4 (3 g)
3.0 g
ローリエ
少々
少々
0.5 g
0.5 g
※ 使用量は野菜の皮、肉・魚の骨や内臓を取り除いたもので、食べられる部分の分量を表示しています。
※ 買物量は廃棄される部分も含んだ分量を表記しています。例: あさり(殻付き)の場合 使用量40g 買物量100g

手順

1

玉ねぎとズッキーニ、パプリカは2cm角に切り、ミニトマトは縦半分に切ります。

2

鍋にオリーブ油を熱し、玉ねぎが透き通るまで中火でじっくり炒めたら、ズッキーニとパプリカを加えて炒めます。

3

ミニトマトとローリエを加え、蓋をします。野菜のかさが半分くらいになるまで、中火で30分ほど煮込みます。

4

最後に塩を加えたら完成です。

最近見たレシピ