豆乳クラムチャウダー 豆乳クラムチャウダー

豆乳クラムチャウダー

  • エネルギー 138 kcal
  • 食塩相当量 1.2 g

豆乳クラムチャウダー

  • エネルギー 138 kcal
  • 食塩相当量 1.2 g
おいしい健康
30分以内

豆乳で作るクラムチャウダー。あさりや野菜のうまみが、ぎゅっと詰まった一品です。クリーミーで、心も体も温まります。
  • 鉄分アップ

このレシピのエピソード

あさりはふっくらと仕上げるため、火を通しすぎないのがポイントです。具材のうまみで、調味料は塩だけでおいしく仕上がります。豆乳とあさりで、女性に不足しがちな鉄が補えます。


このレシピの栄養価

あなたの食事基準に合わせた
栄養価のグラフが表示されます

すべての栄養価 (1人分)

エネルギー
138 kcal
食塩相当量
1.2 g
たんぱく質
7.1 g
脂質
7.3 g
炭水化物
13.5 g
糖質
9.9 g
食物繊維
3.6 g
カリウム
421 mg
カルシウム
43 mg
マグネシウム
62 mg
リン
115 mg
2.4 mg
亜鉛
0.9 mg
コレステロール
21 mg
ビタミンB1
0.13 mg
ビタミンB2
0.10 mg
ビタミンC
15 mg
ビタミンB6
0.19 mg
ビタミンB12
15.7 µg
葉酸
39 µg
ビタミンA
116 µg
ビタミンD
0.1 µg
ビタミンE
0.4 mg
エネルギー
138 kcal
食塩相当量
1.2 g
たんぱく質
7.1 g
脂質
7.3 g
炭水化物
13.5 g
糖質
9.9 g
食物繊維
3.6 g
カリウム
421 mg
カルシウム
43 mg
マグネシウム
62 mg
リン
115 mg
2.4 mg
亜鉛
0.9 mg
コレステロール
21 mg
ビタミンB1
0.13 mg
ビタミンB2
0.10 mg
ビタミンC
15 mg
ビタミンB6
0.19 mg
ビタミンB12
15.7 µg
葉酸
39 µg
ビタミンA
116 µg
ビタミンD
0.1 µg
ビタミンE
0.4 mg
煮物や麺類の残り汁など、実際には食さないと想定される栄養価は、上記リストから除いてあります。

材料 1 人分

  • あさり(むき身)
    30 g
  • ベーコン
    10 g
  • じゃがいも
    30 g
  • 玉ねぎ
    25 g
  • にんじん
    15 g
  • バター
    小さじ1/2 (2 g)
  • 小麦粉
    小さじ1 (3 g)
  • 60 ml
  • 無調整豆乳
    80 ml
  • 0.3 g
  • 粗びき黒こしょう
    少々
  • あさり(むき身)
    75 g
  • ベーコン
    10.0 g
  • じゃがいも
    1/4個 (33 g)
  • 玉ねぎ
    1/8個 (27 g)
  • にんじん
    1/8本 (17 g)
  • バター
    2.0 g
  • 小麦粉
    3.0 g
  • 60.0 g
  • 無調整豆乳
    80.0 g
  • 0.3 g
  • 粗びき黒こしょう
    0.1 g
  • ※ 使用量は野菜の皮、肉・魚の骨や内臓を取り除いたもので、食べられる部分の分量を表示しています。
  • ※ 買物量は廃棄される部分も含んだ分量を表記しています。例: あさり(殻付き)の場合 使用量40g 買物量100g

作り方

  • 1
    あさりのむき身は薄い塩水(分量外)で振り洗いし、水をきります。
  • 2
    鍋に水を入れて火にかけ、ひと煮立ちしたらあさりを入れます。身がふっくらとしたらざるにあげ、ゆで汁はこして取っておきます。
  • 3
    玉ねぎとベーコンは1cm大の色紙切りにします。
  • 4
    にんじんとじゃがいもは1cm大のさいの目切りにし、じゃがいもは水にさらします。
  • 5
    鍋にバターを熱し、ベーコンと玉ねぎを入れて中火で炒めます。
  • 6
    弱火にして、小麦粉を振り入れます。粉っぽさがなくなるまで炒め、水を少しずつ加えてのばします。
  • 7
    にんじんを加え、ひと煮立ちさせたら、水けをきったらじゃがいもを加えます。蓋をして、やわらかくなるまで弱火で煮ます。
  • 8
    豆乳を加え、ふつふつとしてきたらあさりを加え、塩で味付けをします。器に盛り、こしょうを振ったら出来上がりです。

  • このレシピは、以下の取り組みによって公開されています

    糖尿病のみなさんへ
    みんなの寄付レシピとは、レシピを投稿することで疾患を抱える方を支援する取り組みです。 実体験から生まれたレシピを通じて、同じ疾患で悩んでいる方を助け、素敵な発見に役立てたいという思いから始まりました。 あなたのレシピが多くの人に届くように、投稿してみませんか?

    このレシピに使われている食材について


    アプリをインストール