鶏塩ラーメン 鶏塩ラーメン

鶏塩ラーメン

  • エネルギー 350 kcal
  • 食塩相当量 4.3 g

鶏塩ラーメン

  • エネルギー 350 kcal
  • 食塩相当量 4.3 g
おいしい健康
45分以内

身近な材料で作れる、鶏のうまみがきいた塩ラーメン。しっとりしたゆで鶏が、さっぱりとしたラーメンによく合います。

このレシピのエピソード

ゆで鶏を作った後の煮汁を、ラーメンのスープに使用したお手軽レシピ。調味料は砂糖と塩だけでシンプルに。食欲のないときにもおすすめです。その時の味覚や体調に合わせて、トッピングやスパイスでアレンジが可能。残ったゆで鶏は冷蔵庫で保存し、サラダや和え物などに活用できます。


このレシピの栄養価

あなたの食事基準に合わせた
栄養価のグラフが表示されます

すべての栄養価 (1人分)

エネルギー
350 kcal
食塩相当量
4.3 g
たんぱく質
20.3 g
脂質
4.3 g
炭水化物
63.6 g
糖質
57.5 g
食物繊維
6.1 g
カリウム
562 mg
カルシウム
27 mg
マグネシウム
30 mg
リン
176 mg
0.8 mg
亜鉛
0.8 mg
コレステロール
37 mg
ビタミンB1
0.07 mg
ビタミンB2
0.08 mg
ビタミンC
2 mg
ビタミンB6
0.32 mg
ビタミンB12
0.1 µg
葉酸
20 µg
ビタミンA
10 µg
ビタミンD
0.1 µg
ビタミンE
0.6 mg
エネルギー
350 kcal
食塩相当量
4.3 g
たんぱく質
20.3 g
脂質
4.3 g
炭水化物
63.6 g
糖質
57.5 g
食物繊維
6.1 g
カリウム
562 mg
カルシウム
27 mg
マグネシウム
30 mg
リン
176 mg
0.8 mg
亜鉛
0.8 mg
コレステロール
37 mg
ビタミンB1
0.07 mg
ビタミンB2
0.08 mg
ビタミンC
2 mg
ビタミンB6
0.32 mg
ビタミンB12
0.1 µg
葉酸
20 µg
ビタミンA
10 µg
ビタミンD
0.1 µg
ビタミンE
0.6 mg
煮物や麺類の残り汁など、実際には食さないと想定される栄養価は、上記リストから除いてあります。

材料 2 人分

2人分が作りやすい分量です。
  • 鶏むね肉(皮付き)
    300 g
  • 砂糖
    大さじ2/3 (6 g)
  • 大さじ1/2 (9 g)
  • しょうが(薄切り、スープのだし用)
    15 g
  • 長ねぎ(青い部分、スープのだし用)
    30 g
  • 600 ml
  • 中華めん(生)
    220 g
  • アルファルファ
    20 g
  • 鶏むね肉(皮付き)
    300.0 g
  • 砂糖
    6.0 g
  • 9.0 g
  • しょうが(薄切り、スープのだし用)
    1片 (19 g)
  • 長ねぎ(青い部分、スープのだし用)
    1/3本 (50 g)
  • 600.0 g
  • 中華めん(生)
    220.0 g
  • アルファルファ
    20.0 g
  • ※ 使用量は野菜の皮、肉・魚の骨や内臓を取り除いたもので、食べられる部分の分量を表示しています。
  • ※ 買物量は廃棄される部分も含んだ分量を表記しています。例: あさり(殻付き)の場合 使用量40g 買物量100g

作り方

  • 1
    鍋に分量の水、長ねぎの青い部分、しょうがを入れて中火にかけます。
  • 2
    鶏肉は皮を付けたまま、砂糖、塩の順でもみ込みます。
    鶏肉の厚みがある部分は、火の通りをよくするために切り込みを入れても結構です。
  • 3
    ひと煮立ちしたら2の鶏肉を入れ、再び煮立ったら蓋をして火を消し、30分ほどおきます。
  • 4
    めんをゆでる湯(分量外)を沸かします。3のゆで鶏と長ねぎ、しょうがを取り出し、ゆで鶏は皮を外して薄いそぎ切りにします。
    鶏肉に火が通ってない場合は、再度温めてください。煮汁はスープになります。
  • 5
    めんを袋の表示の時間ゆで、湯をきって器に盛ります。温めたスープを注ぎ、鶏肉とアルファルファを盛って出来上がりです。
    残ったゆで鶏は、冷蔵庫で保存し、サラダや和え物などにお使いください。
  • 6
    ※スープは全体の7割、ゆで鶏は1/3量を可食量として栄養価計算しています。

  • このレシピは、以下の取り組みによって公開されています

    がんサバイバーキッチン
    みんなの寄付レシピとは、レシピを投稿することで疾患を抱える方を支援する取り組みです。 実体験から生まれたレシピを通じて、同じ疾患で悩んでいる方を助け、素敵な発見に役立てたいという思いから始まりました。 あなたのレシピが多くの人に届くように、投稿してみませんか?

    このレシピに使われている食材について


    アプリをインストール