すりおろしごぼう入りのおみそ汁

すりおろしごぼう入りのおみそ汁
by 山口 秀司

管理栄養士のおすすめコメント

ごぼうの風味を活かしたみそ汁。繊維が多いごぼうもすりおろせば食べやすくなります。麩や青菜を入れて彩りよく仕上げて。

栄養価(1人分)

カルシウム
60mg
マグネシウム
29mg
リン
49mg
1.5mg
亜鉛
0.4mg
ビタミンA
52µg
ビタミンE
0.4mg
ビタミンB1
0.03mg
ビタミンB2
0.05mg
ビタミンB6
0.05mg
ビタミンB12
0.0µg
葉酸
37µg
ビタミンC
8mg
ビタミンD
0.0µg
煮物や麺類の残り汁など、実際には食さないと想定される栄養価は、上記リストから除いてあります。

このレシピのエピソード

脳腫瘍を患ったことをきっかけに食生活を見直しました。みそにすりおろしたごぼうを混ぜた「ごぼうみそ」を使うと、だしをとらなくてもごぼうの風味豊かな汁物に。みそは、より熟成されたものを選ぶと一層おいしいです。
まとめて作り、製氷皿などに小分けにして冷凍保存をしておけば飲みたい時にいただけます。
※感染症対策のために、生ものや雑菌が繁殖しやすい食材、発酵食品などに注意が必要な方は、主治医にご相談の上ご利用ください。

読み込み中 読み込み中

材料

作りやすい分量

5人分が作りやすい分量です。

ごぼう
60 g
1/3本 (67 g)
しょうが
5 g
1/3片 (6.3 g)
赤みそ
60 g
60.0 g
小松菜
100 g
1/2束 (120 g)
布海苔
2.5 g
2.5 g
焼き麩
5 g
10個 (5.0 g)
※ 使用量は野菜の皮、肉・魚の骨や内臓を取り除いたもので、食べられる部分の分量を表示しています。
※ 買物量は廃棄される部分も含んだ分量を表記しています。例: あさり(殻付き)の場合 使用量40g 買物量100g

手順

1
87546

ごぼうはよく洗い、土を落とします。5cmの長さに切り、皮付きのまますりおろします。

2

しょうがもよく洗い、皮付きのまますりおろします。

3
87548

ボウルに赤みそとごぼう、しょうがを入れて混ぜ合わせ、ごぼうみそを作ります。

4

小松菜は熱湯でさっとゆで、冷水にさらし、食べやすい長さに切ります。

5
87550

器に一人分のごぼうみそと布海苔、焼き麩を入れ、150mlほど湯を注ぎます。小松菜を加えたら出来上がりです。

最近見たレシピ