鮭と根菜の粕汁 鮭と根菜の粕汁

鮭と根菜の粕汁

  • エネルギー 151 kcal
  • 食塩相当量 1.1 g

鮭と根菜の粕汁

  • エネルギー 151 kcal
  • 食塩相当量 1.1 g
おいしい健康 管理栄養士
30分以内

酒粕の甘味がほっとする味わいの一品。具沢山で食べ応えのある、おかずにもなる粕汁です。酒粕や野菜から食物繊維を補えます。
  • 食物繊維アップ


このレシピの栄養価

あなたの食事基準に合わせた
栄養価のグラフが表示されます

すべての栄養価 (1人分)

エネルギー
151 kcal
食塩相当量
1.1 g
たんぱく質
15.1 g
脂質
2.5 g
炭水化物
15.4 g
糖質
11.2 g
食物繊維
4.2 g
カリウム
532 mg
カルシウム
45 mg
マグネシウム
44 mg
リン
169 mg
1.0 mg
亜鉛
1.1 mg
ヨウ素
3003 µg
コレステロール
24 mg
ビタミンB1
0.14 mg
ビタミンB2
0.22 mg
ビタミンC
7 mg
ビタミンB6
0.59 mg
ビタミンB12
3.0 µg
葉酸
94 µg
ビタミンA
145 µg
ビタミンD
12.9 µg
ビタミンK
6 µg
ビタミンE
0.8 mg
エネルギー
151 kcal
食塩相当量
1.1 g
たんぱく質
15.1 g
脂質
2.5 g
炭水化物
15.4 g
糖質
11.2 g
食物繊維
4.2 g
カリウム
532 mg
カルシウム
45 mg
マグネシウム
44 mg
リン
169 mg
1.0 mg
亜鉛
1.1 mg
ヨウ素
3003 µg
コレステロール
24 mg
ビタミンB1
0.14 mg
ビタミンB2
0.22 mg
ビタミンC
7 mg
ビタミンB6
0.59 mg
ビタミンB12
3.0 µg
葉酸
94 µg
ビタミンA
145 µg
ビタミンD
12.9 µg
ビタミンK
6 µg
ビタミンE
0.8 mg
煮物や麺類の残り汁など、実際には食さないと想定される栄養価は、上記リストから除いてあります。

材料 1 人分

  • 生鮭(切り身)
    40 g
  • 0.1 g
  • 大根
    25 g
  • ごぼう
    20 g
  • にんじん
    20 g
  • しめじ
    10 g
  • 長ねぎ
    10 g
  • 酒粕
    大さじ1と1/3強 (25 g)
  • みそ
    小さじ1 (6 g)
  • A
    • だし汁(かつお・昆布)
      200 ml
    • 小さじ1 (5 g)
  • 仕上げ用
    • 小ねぎ(小口切り)
      1 g
  • 生鮭(切り身)
    40.0 g
  • 0.1 g
  • 大根
    1cm (29 g)
  • ごぼう
    1/8本 (22 g)
  • にんじん
    1/6本 (22 g)
  • しめじ
    1/8パック (11 g)
  • 長ねぎ
    1/8本 (17 g)
  • 酒粕
    25.0 g
  • みそ
    6.0 g
  • A
    • だし汁(かつお・昆布)
      200.0 g
    • 5.0 g
  • 仕上げ用
    • 小ねぎ(小口切り)
      1.1 g
  • ※ 使用量は野菜の皮、肉・魚の骨や内臓を取り除いたもので、食べられる部分の分量を表示しています。
  • ※ 買物量は廃棄される部分も含んだ分量を表記しています。例: あさり(殻付き)の場合 使用量40g 買物量100g

作り方

  • 1
    大根は1cmの厚さのいちょう切り、ごぼうは1cmの厚さの斜め切りにし、5分ほど水にさらし、水けを切ります。
  • 2
    にんじんは1cmの厚さの半月切りにし、しめじは手でほぐします。長ねぎは1cmの厚さの斜め切りにします。
  • 3
    鮭は食べやすい大きさに切ります。塩を振り、10分ほどおいたら、水けをペーパータオルで拭き取ります。
  • 4
    鍋にAと野菜を入れて中火にかけ、沸騰したら弱火にして10分ほど煮ます。
    加熱時間は2人分の目安です。
  • 5
    ボウルに酒粕と4の煮汁を50mlほどを入れ、酒粕を溶かします。
    酒粕は煮汁で溶かしてから鍋に加えると、ダマになりにくくなりますよ。
  • 6
    4に鮭を加え、弱火で10分ほど煮ます。5を加え、ひと煮立ちさせます。器に注ぎ、小ねぎをのせます。

  • このレシピに使われている食材について


    アプリをインストール