濃厚 ピリ辛豆乳坦々スープ

濃厚 ピリ辛豆乳坦々スープ

管理栄養士のおすすめコメント

ゴマと豆乳の組み合わせが、濃厚でクセになる一品!日本人に不足しがちな鉄分が1日の約20%も摂れます。満足感◎です!

栄養価(1人分)

カルシウム
116mg
マグネシウム
58mg
リン
125mg
2.0mg
亜鉛
1.1mg
ビタミンA
79µg
ビタミンE
0.4mg
ビタミンB1
0.10mg
ビタミンB2
0.10mg
ビタミンB6
0.26mg
ビタミンB12
0.1µg
葉酸
45µg
ビタミンC
2mg
ビタミンD
0.1µg
煮物や麺類の残り汁など、実際には食さないと想定される栄養価は、上記リストから除いてあります。
読み込み中 読み込み中

材料

Aしょう油
小さじ1/2 (3 g)
3.0 g
A酒
小さじ1/2 (2.5 g)
2.5 g
A塩
0.3 g
0.3 g
A水
55 ml
55.0 g
A鶏がらスープの素(顆粒)
小さじ1/3 (1 g)
1.0 g
ねぎ 旬
6 g
1/8本未満 (10 g)
しいたけ
5 g
1/2枚 (6.3 g)
にんじん 旬
10 g
1/8本未満 (11 g)
おろししょうが
0.5 g
1/8片未満 (0.6 g)
鶏挽肉
25 g
25.0 g
豆乳
75 ml
75.0 g
すりごま
小さじ2と2/3 (8 g)
8.0 g
荒挽き黒こしょう
少々
少々
ラー油
0.5 g
0.5 g
花椒(あれば)
少々
0.0 g
※ 使用量は野菜の皮、肉・魚の骨や内臓を取り除いたもので、食べられる部分の分量を表示しています。
※ 買物量は廃棄される部分も含んだ分量を表記しています。例: あさり(殻付き)の場合 使用量40g 買物量100g

手順

1

Aの材料を鍋に入れて火にかける。

2

ねぎは小口切り、しいたけはスライス、にんじんは短冊切りにする。1の鍋に入れて煮る。しょうがも入れる。

3

煮立っているところに、鶏挽肉(生のままで大丈夫)を入れる。ひき肉をほぐす。あくが出たらとりながら、火を通す。

4

火を弱めて、豆乳・すりごま・荒挽き黒こしょう入れる。

5

煮立てないように温めて、最後にラー油を入れたら、出来上がり。

6

あれば、花椒(粒のもの)を包丁で砕いたり、手のひらですりつぶして入れる。

最近見たレシピ