鮭の粕汁

鮭の粕汁

管理栄養士のおすすめコメント

鮭に含まれる脂質は、IPAやDHAなど不飽和脂肪酸が中心のため、動脈硬化や血栓、高血圧を予防します。

栄養価(1人分)

カルシウム
58mg
マグネシウム
42mg
リン
228mg
0.9mg
亜鉛
1.0mg
ビタミンA
118µg
ビタミンE
0.9mg
ビタミンB1
0.18mg
ビタミンB2
0.25mg
ビタミンB6
0.68mg
ビタミンB12
4.0µg
葉酸
69µg
ビタミンC
16mg
ビタミンD
19.3µg
煮物や麺類の残り汁など、実際には食さないと想定される栄養価は、上記リストから除いてあります。
読み込み中 読み込み中

材料

使用量

買物量(目安)

60 g
60.0 g
じゃがいも
25 g
1/6個 (28 g)
大根旬
25 g
1cm (29 g)
にんじん旬
15 g
1/8本 (17 g)
玉ねぎ
30 g
1/6個 (32 g)
しめじ
10 g
1/8パック (11 g)
だし汁
120 ml
120.0 g
小さじ1 (5 g)
5.0 g
酒粕
小さじ2と1/2 (15 g)
15.0 g
牛乳
大さじ1と1/3 (20 g)
20.0 g
味噌
小さじ1 (6 g)
6.0 g
長ねぎ旬
1 g
1/8本未満 (1.7 g)
※ 使用量は野菜の皮、肉・魚の骨や内臓を取り除いたもので、食べられる部分の分量を表示しています。
※ 買物量は廃棄される部分も含んだ分量を表記しています。例: あさり(殻付き)の場合 使用量40g 買物量100g

手順

1

鮭はぶつ切りにして、水からゆでます。

2

大根、じゃがいも、にんじんは大きめの半月に、玉ねぎはくし形に、しめじはほぐします。

3

鍋に鮭、だし汁、酒を入れ、2の野菜をやわらかくなるまで煮ます。

4

酒粕に半量の牛乳を加え、電子レンジで2分加熱し、よく混ぜて、残りの牛乳を加えます。※加熱時間は2人分の目安です。

5

3の鍋に4、味噌を加えて出来上がりです。

最近見たレシピ