革命的なごぼうサラダ

革命的なごぼうサラダ

管理栄養士のおすすめコメント

食物繊維たっぷりのごぼうサラダ。ごまがビタミンB1の吸収を高めて糖質代謝を促進します。脂肪燃焼にもオススメです。

栄養価(1人分)

カルシウム
93mg
マグネシウム
52mg
リン
81mg
1.1mg
亜鉛
0.8mg
ビタミンA
197µg
ビタミンE
1.4mg
ビタミンB1
0.09mg
ビタミンB2
0.07mg
ビタミンB6
0.15mg
ビタミンB12
0.0µg
葉酸
56µg
ビタミンC
12mg
ビタミンD
0.0µg
煮物や麺類の残り汁など、実際には食さないと想定される栄養価は、上記リストから除いてあります。
読み込み中 読み込み中

材料

ごぼう
45 g
1/4本 (50 g)
にんじん
25 g
1/6本 (28 g)
ミニトマト
30 g
3個 (31 g)
白ゴマ(すりごまでも♪)
小さじ1と2/3 (5 g)
5.0 g
☆酒
大さじ1/2強 (8 g)
8.0 g
☆しょう油
小さじ1弱 (5 g)
5.0 g
☆みりん
小さじ1/2弱 (2.5 g)
2.5 g
マヨネーズ
5 g
5.0 g
ごま油
小さじ3/4 (3 g)
3.0 g
※ 使用量は野菜の皮、肉・魚の骨や内臓を取り除いたもので、食べられる部分の分量を表示しています。
※ 買物量は廃棄される部分も含んだ分量を表記しています。例: あさり(殻付き)の場合 使用量40g 買物量100g

手順

1

ゴマをすっておきます。多少粒が残っているくらいでOKです。もちろん、市販のすりごまを使ってもOK!

2

ごぼうは流水でスポンジなどを使って泥を落とします。皮はむかないでください。包丁の背などでしごいたりもしないでね。泥がきれいに落ちていれば、黒くてもOK。大事な栄養、捨てないで!!

3

ごぼうを5センチくらいの千切りにします。あまり細く切りすぎないほうが歯ごたえがあっておいしい。マッチ棒くらいの太さでOK。切ったらボウルや器などに入れておきます。くれぐれも水にはさらさないでください!!

4

人参をごぼうと同じ太さに千切りします。 ごぼう・にんじんの千切りは、ななめに薄切りして並べて刻んでいくと早くできますよ。

5

フライパンに分量のごま油を熱し、ごぼう投入。ある程度油が回ったら人参も投入。全体に油が回ったら☆の調味料を入れ、汁気がほとんどなくなるまで煮詰めます。いわゆるきんぴらってヤツです。

6

熱いうちにボウルに移し、マヨネーズをよくからめます。熱いうちのほうが、よくなじむと思います。 すりゴマを混ぜ込み、ミニトマトと一緒に盛りけて出来上がり!!

最近見たレシピ