ぶり大根 ぶり大根

ぶり大根

  • エネルギー 240 kcal
  • 食塩相当量 1.5 g

ぶり大根

  • エネルギー 240 kcal
  • 食塩相当量 1.5 g
ミナいちごさんのレシピ

大根は下ゆでをすることで、一晩おいたような味のしみ具合とやわらかさに。すりおろししょうががアクセントに。


このレシピの栄養価

あなたの食事基準に合わせた
レシピの栄養価が表示されます

すべての栄養価(1人分)を表示 すべての栄養価 (1人分)

エネルギー
240 kcal
たんぱく質
16.4 g
脂質
12.4 g
炭水化物
12.5 g
糖質
11.2 g
コレステロール
50 mg
食塩相当量
1.5 g
食物繊維
1.3 g
カリウム
588 mg
カルシウム
32 mg
マグネシウム
38 mg
リン
134 mg
1.3 mg
亜鉛
0.7 mg
ビタミンA
35 µg
ビタミンE
1.4 mg
ビタミンB1
0.19 mg
ビタミンB2
0.29 mg
ビタミンB6
0.37 mg
ビタミンB12
2.9 µg
葉酸
42 µg
ビタミンC
12 mg
ビタミンD
5.6 µg
エネルギー
240 kcal
たんぱく質
16.4 g
脂質
12.4 g
炭水化物
12.5 g
糖質
11.2 g
コレステロール
50 mg
食塩相当量
1.5 g
食物繊維
1.3 g
カリウム
588 mg
カルシウム
32 mg
マグネシウム
38 mg
リン
134 mg
1.3 mg
亜鉛
0.7 mg
ビタミンA
35 µg
ビタミンE
1.4 mg
ビタミンB1
0.19 mg
ビタミンB2
0.29 mg
ビタミンB6
0.37 mg
ビタミンB12
2.9 µg
葉酸
42 µg
ビタミンC
12 mg
ビタミンD
5.6 µg
煮物や麺類の残り汁など、実際には食さないと想定される栄養価は、上記リストから除いてあります。

材料 1 人分

  • ぶり(切り身)
    70 g
  • 大根
    100 g
  • 米のとぎ汁
    適量
  • A
    • しょうが(すりおろし)
      2 g
    • だし汁(かつお・昆布)
      80 ml
    • しょうゆ
      大さじ1/2 (9 g)
    • みりん
      大さじ1/2 (9 g)
    • 砂糖
      小さじ1 (3 g)
  • ぶり(切り身)
    70.0 g
  • 大根
    4cm (120 g)
  • 米のとぎ汁
    適量
  • A
    • しょうが(すりおろし)
      1/6片 (2.5 g)
    • だし汁(かつお・昆布)
      80.0 g
    • しょうゆ
      9.0 g
    • みりん
      9.0 g
    • 砂糖
      3.0 g
  • ※ 使用量は野菜の皮、肉・魚の骨や内臓を取り除いたもので、食べられる部分の分量を表示しています。
  • ※ 買物量は廃棄される部分も含んだ分量を表記しています。例: あさり(殻付き)の場合 使用量40g 買物量100g

作り方

  • 1
    ぶりは半分に切り、沸騰した湯にさっとくぐらせてざるにあげます。流水で軽く洗い、生臭さを取ります。
  • 2
    大根は大きめの乱切りにし、鍋に大根とかぶるくらいの米のとぎ汁を入れて中火にかけます。
    米のとぎ汁を使うことでアクが抜け、野菜が持っているうま味や甘味が引き出されます。とぎ汁がない場合は水で大丈夫です。
  • 3
    竹串がすっと通るまで10分ほどゆで、軽く洗います。
    ゆで時間は2人分の目安です。
  • 4
    鍋にAを入れて中火にかけ、煮立ったらぶりと大根を加えます。
  • 5
    落とし蓋をして弱火で20分ほど煮て、煮汁が1/3くらいになるまで煮またら出来上がりです。
    途中焦げ付かないように、鍋を揺するようにしてください。


  • レシピQA

    大根の下茹ではレンジでおこなってもいいですか?

    • 2020年12月02日

    ご質問ありがとうございます。 大根の下ゆでは電子レンジで行うことも可能です。耐熱容器に大根と水大さじ1杯(2人分あたり)を入れてふんわりとラップをし、電子レンジ(600w)で竹串がすっと通るまで、4〜5分を目安に加熱してください。 参考になれば幸いです。

    • おいしい健康管理栄養士
    • 2020年12月03日

    このレシピに使われている食材について