真いわしのつみれ汁

真いわしのつみれ汁

管理栄養士のおすすめコメント

鰯には、コレステロールの代謝促進や肝臓強化に優れた効果を発揮するタウリン、貧血を予防する鉄分が多く含まれています。

栄養価(1人分)

カルシウム
40mg
マグネシウム
30mg
リン
92mg
0.8mg
亜鉛
0.7mg
ビタミンA
106µg
ビタミンE
0.7mg
ビタミンB1
0.05mg
ビタミンB2
0.15mg
ビタミンB6
0.17mg
ビタミンB12
3.1µg
葉酸
43µg
ビタミンC
4mg
ビタミンD
7.1µg
煮物や麺類の残り汁など、実際には食さないと想定される栄養価は、上記リストから除いてあります。
読み込み中 読み込み中

材料

使用量

買物量(目安)

真いわし旬
20 g
50 g
長ねぎ
10 g
1/8本 (17 g)
A 塩
少々 (0.1 g)
0.1 g
A 酒
小さじ1/3強 (2 g)
2.0 g
A みそ
小さじ1/6 (1 g)
1.0 g
A 薄力粉
小さじ1/3 (1 g)
1.0 g
大根
15 g
2/3cm (18 g)
ごぼう
15 g
1/8本未満 (17 g)
にんじん
15 g
1/8本 (17 g)
舞茸
10 g
1/8パック (11 g)
乾しいたけ
2 g
1枚 (2.5 g)
昆布だし
150 ml
150.0 g
小さじ1/2強 (3 g)
3.0 g
しょうゆ
小さじ1/2 (3 g)
3.0 g
※ 使用量は野菜の皮、肉・魚の骨や内臓を取り除いたもので、食べられる部分の分量を表示しています。
※ 買物量は廃棄される部分も含んだ分量を表記しています。例: あさり(殻付き)の場合 使用量40g 買物量100g

手順

1

大根とにんじんは薄いいちょう切り、ごぼうはささがきにし、ごぼうは水にさらしアクをとります。

2

舞茸は石づきを取り、食べやすい大きさにちぎります。しいたけは水で戻し、せん切りにします。

3

いわしを三枚におろし、皮をはぎ小骨を取り除いてたたきます。

4

ボウルに③を入れ、みじん切りにした長ねぎにAを加え、よく混ぜ合わせます。

5

鍋に昆布だしと戻したしいたけを入れて火にかけ、大根を入れ、少し煮たらにんじんとごぼうを入れて煮ます。

6

野菜に火が通ったら、④のつみれをスプーンで一口大にすくって入れます。一緒に舞茸も加えます。

7

つみれに火が通ったら、酒、しょうゆを入れ味をととのえてできあがりです。

最近見たレシピ