根菜類と豆もやしの酒粕で作る豚汁

根菜類と豆もやしの酒粕で作る豚汁

管理栄養士のおすすめコメント

酒粕には腸内の余分な脂肪や体内に残留する油を吸着し、便と一緒に排出してくれる働きがあると言われています。

栄養価(1人分)

カルシウム
64mg
マグネシウム
45mg
リン
152mg
1.0mg
亜鉛
1.4mg
ビタミンA
106µg
ビタミンE
0.7mg
ビタミンB1
0.37mg
ビタミンB2
0.17mg
ビタミンB6
0.39mg
ビタミンB12
0.5µg
葉酸
85µg
ビタミンC
22mg
ビタミンD
0.0µg
煮物や麺類の残り汁など、実際には食さないと想定される栄養価は、上記リストから除いてあります。
読み込み中 読み込み中

材料

豚ももスライス(脂身なし)
30 g
30.0 g
さつまいも
20 g
1/8本未満 (22 g)
大根 旬
15 g
2/3cm (18 g)
大豆もやし
15 g
1/8袋未満 (16 g)
キャベツ
30 g
2/3枚 (35 g)
人参
15 g
1/8本 (17 g)
油揚げ
8 g
8.0 g
かつおだし
150 ml
150.0 g
★酒粕
小さじ2と1/2 (15 g)
15.0 g
★濃口醤油
小さじ1弱 (5 g)
5.0 g
★塩
0.3 g
0.3 g
★酒
大さじ1/2強 (8 g)
8.0 g
※ 使用量は野菜の皮、肉・魚の骨や内臓を取り除いたもので、食べられる部分の分量を表示しています。
※ 買物量は廃棄される部分も含んだ分量を表記しています。例: あさり(殻付き)の場合 使用量40g 買物量100g

手順

1

豚ももスライスは、2~3㎝幅に切る。さつまいもは皮をむかずに1㎝厚のいちょう切りにする。

2

大根は1㎝厚のいちょう切りにし、キャベツは芯を取り除き、ざく切り、人参は薄めのいちょう切りにする。

3

油揚げはザルにあけ、熱湯をかけて油抜きをし、短冊切りに切る。

4

さつまいも、大根、人参は下茹でをする。

5

鍋にかつおだしと豚ももスライスを入れ加熱をする。(アクが出たらその都度きれいに取り除く)

6

豚ももスライスに火が通ったら、大豆もやし、キャベツを入れ、しんなりしてきたら、下茹でをした野菜と油揚げを入れる。

7

具材に火が通ったら、★の調味料を入れ、味付けをする。

最近見たレシピ