「しめじ」はヘルシーおいしい優秀きのこ!

87

「香りまつたけ、味しめじ」

この言葉、聞いたことがありませんか?まつたけは香りがよくしめじは味がよいという意味の、昔からある言葉です。でも実はここで言われる「しめじ」は、いつも食べているしめじとはちょっと違うこと、知っていましたか?
本来、「味しめじ」にあたるのは、希少な「本しめじ」と呼ばれるしめじです。一般的にスーパーで売っているしめじは、「ぶなしめじ」という種類です。ぶなしめじはシャキシャキとした食感が特徴で、安価で美味しいですよね。今回は身近に購入できる「ぶなしめじ」について、詳しくご紹介します。

88

左が本しめじ、右がぶなしめじです。同じしめじですが、見た目もずいぶん違いますね。

ヘルシー!しめじの栄養と効能

しめじは非常にカロリーの低い食材です。栄養成分はビタミンDや食物繊維、ナイアシン、さらに他のきのこよりもオルニチンを多く含んでいます。
ビタミンDはカルシウムの吸収を助け、丈夫な骨や歯を作ります。調理するときは、カルシウムの豊富な小松菜や青梗菜などの野菜と組み合わせがおすすめです。食物繊維は整腸作用のある不溶性食物繊維が多く、免疫機能を高める効果が期待されるβ-グルカンが含まれています。また、ナイアシンやオルニチンには肌トラブルや二日酔いの改善効果があるといわれています。

選び方のポイント

しめじはカサが開きすぎず、全体的にハリがある新鮮なものを選びましょう。袋の内側に水滴のついているものは、新鮮でない可能性があるため避けるのが◯。根もとが白くふっくらして、一株にまとまっているものが良品です。

調理のポイント

しめじは洗わず、汚れが気になるときはキッチンペーパーでふき取る程度で大丈夫です。石づきを切り落とし、手でほぐします。

89

汁物に入れるときは水からゆっくり煮出すと旨み成分のグアニル酸が溶け出します。しめじ本来の旨みをしっかり効かせることで、加える調味料を減らしても美味しく仕上げることができ、減塩につながります。

旬と保存の方法

天然物の旬は9~11月。保存はラップに包んで冷蔵庫の野菜室にいれましょう。ぬれると傷みやすくなるため、水気には気をつけてください。長期保存したいときは、冷凍や天日干しができます。冷凍する際は、石づきを切り落としてから小分けにしてラップに包むのがオススメです。また、オイル漬けや佃煮などの常備菜として保存するのも◎。

90

おいしい健康のおすすめレシピで、旬のしめじをたっぷり味わいましょう!

しめじのおいしい健康レシピ3選

豆乳かぼちゃのとろ~り濃厚シチュー
by アールmamaさん
かぼちゃが溶け出して、濃厚な色が食欲をそそります。豆乳の優しい味にほっこり。簡単なのにごちそう感のでる一品です!
マーボーきのこ
by ケチャ&ウルさん
きのこたっぷりのヘルシーマーボー。中性脂肪低下に役立つ食物繊維が豊富で、一日分の約1/3量が一品で摂取できます♪
きのこと里いものご飯。
by つくしぐみさん
里芋がねっとりと美味しい!きのこがたっぷり入っているため食物繊維が豊富で、白ご飯に比べ血糖値の急上昇を抑制します。

しめじの栄養価

エネルギー
18 kcal
たんぱく質
2.7 g
脂質
0.6 g
炭水化物
5.0 g
食物繊維
3.7 g
食塩相当量
0.0 g
カリウム
380 mg
カルシウム
1 mg
マグネシウム
11 mg
リン
100 mg
0.4 mg
亜鉛
0.5 mg
ビタミンA
0 µg
ビタミンE
0.0 mg
ビタミンB1
0.16 mg
ビタミンB2
0.16 mg
ビタミンB6
0.08 mg
ビタミンB12
0.0 µg
葉酸
28 µg
ビタミンC
0 mg
ビタミンD
0.6 µg
コレステロール
0 mg
※可食部100gあたりの栄養価です

※2015年10月に配信した記事を一部再編集しています。

編集:おいしい健康編集部
監修:おいしい健康管理栄養士