読む、えいよう

秋の味覚を満喫する、炊き込みご飯

1393

四季の味わいを楽しめる、炊き込みご飯。
特に秋は「実りの秋」と言われるように食材が豊富なので、旬の素材を使った炊き込みご飯が食べたくなりますね。

栄養たっぷりの炊き込みご飯

炊飯器で調理する炊き込みご飯には、ゆでるなどの調理法に比べて、栄養素が流れ出ないというメリットがあります。

ご飯などの主食に対して簡単に野菜・芋類やきのこ、豆類などを足せるのもポイント。
ごぼうや里いも・さつまいも、旬のきのこを使えば、不足しがちな食物繊維を手軽に増やすことができます。

シニア世代の方にとっては、鶏肉や油揚げ、大豆などを入れれば、フレイル予防に効果のあるたんぱく質が補えます。
フレイルは年齢に伴って筋力や心身の活力が低下した状態のこと。年を重ねると若い頃よりも筋肉がつきにくくなるので、主食からもたんぱく質がとれるのは助かりますね。

ただし炊き込みご飯は米や具材に味をつけるため、みそ汁のような塩分の高い汁物などと一緒に食べると、どうしても塩分の量が高くなりがちです。
汁物をあわせる時は、おみそ汁のだしを効かせてみその量を減らしたり、具沢山にして汁の量を少なくするといった工夫をしましょう。

食卓から秋を感じられるレシピ

炊き込みご飯は冷めてもおいしいので、おにぎりにしても楽しめます。行楽シーズンのピクニックのランチにもぴったり。料理する人にとっては、食材と調味料を炊飯器に入れてスイッチを押せば、放ったらかしにできるのも嬉しいところですね。
秋の味覚を満喫できる、炊き込みご飯のレシピを紹介します。

■旬の素材をふんだんに使った炊き込みご飯

秋鮭ときのこのしょうが炊き込みご飯
by 庭乃桃さん
秋が感じられる一品。鮭やきのこの旨味が口いっぱいに広がります。すだちを絞れば、爽やかさがアップ

■普段と違う炊き込みご飯を楽しみたい時に

イカ飯風 里芋とイカの炊き込みご飯
by marimariキッチンさん
いか飯風のボリュームたっぷりご飯。里いもに含まれる水溶性食物繊維は、糖質の吸収を緩やかにし、食後の高血糖を予防します。

■大豆を加えてたんぱく質アップ

さつまいもと大豆のご飯
by Firstsnowsさん
さつまいもと炒った大豆を加えてボリュームをアップ。自然な甘みが口に広がります。
編集:おいしい健康編集部
監修:おいしい健康管理栄養士