読む、えいよう

体重を測ることで、自分の生活リズムが確認できます

体重にはからだの調子が現れます。自分の体重が適正であるかどうかはもちろんですが、1日の体重だけに着目するのではなく全体の推移を観察することが大切です。少しずつ自分のからだをコントロールしていきましょう。

体重は日々変化しています

1384

体重は、食事や運動などの生活習慣の影響を大きく受けています。例えば、普段よりも食べすぎてしまった翌日は普段よりも体重が増えていたり、逆に昼食を食べなかったり運動をいつもよりも長時間行っていた日は減っています。

食事や運動などの生活習慣で大きく影響を受けるのが体重です。
普段よりも食べすぎてしまったら翌日は体重が増えやすくなり、忙しくてつい昼食を抜いてしまったり、たくさん運動をしたら体重は減っていくことが想像できますね。

このように日々常に変動しているため、大切なのは1日の体重の変動に一喜一憂するのではなく自分の生活リズムを把握し、徐々に適正体重に近づけるよう行動することです。
体重が大きく変化した場合は、その日にどんな食事をとったか、運動をどのくらいしていたかなどを思い出してみて、自分のからだを観察しましょう。

体重を記録することで、自分の状態がわかります

1385

体重計に乗ることは、今の自分の健康状態を知る意味でとても大切です。

例えば、「いつも着ていた洋服がきつくなっている気がする」などの感覚でわかることが、体重計に乗ることを習慣化することで自分の体型の変化や健康状態の変化にすぐに気づきやすくなります。

自分の適正体重を知ることが第一歩

体重を測ると、今の自分の体重が「やせ」か「肥満」か、「普通(適正)」か、どのあたりにいるのかが気になってきますよね。

身長と体重から、自分がどのあたりにいるのかがわかります。

BMI(体格指標:kg/m2)=
体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)

BMIとは、国際的に用いられる体格指数のことです。 BMI18.5未満はやせ(低体重)、18.5〜25.0未満は普通、25.0以上は肥満(過体重)と判定されます。(※1)

ただ、筋肉量などは考慮されていないのであくまでも目安として捉え、まずは自分がどの範囲にいるかを確認し、BMI22の体重を目安とするのがおすすめです。

自分の適正なエネルギー量を知りましょう

1386

適正なエネルギー摂取量は人それぞれ異なりますが、目安量は、身長に対する標準体重と活動量から算出することができます。

適正エネルギー量(kcal/日)=
標準体重(kg)×身体活動量(kcal/kg)

◎標準体重=身長(m)×身長(m)×22

◎身体活動量の目安
・やや低い(デスクワークが主な人)
25〜30kcal/kg標準体重
・適度(立ち仕事が多い職業)
30〜35kcal/kg標準体重
・高い(力仕事の多い職業)
35〜kcal/kg標準体重

自分にあったエネルギー摂取量を知り、エネルギー摂取量にあった食事を意識しましょう。
おいしい健康のレシピ「栄養価」や、外食のメニュー表、買ってきたお弁当や菓子などのパッケージ裏側にエネルギー量などが表示されているので、チェックしてみるのもいいですね。


編集・監修:おいしい健康管理栄養士