生揚げと大根の煮物 生揚げと大根の煮物

生揚げと大根の煮物

  • エネルギー 104 kcal
  • 食塩相当量 0.6 g

生揚げと大根の煮物

  • エネルギー 104 kcal
  • 食塩相当量 0.6 g
グリーンフード栄養士さんのレシピ

1日の活力の源を厚揚げを使いヘルシーに!厚揚げは豆腐の2倍カルシウムが含まれているので骨粗しょう症の予防にも役立ちます。


このレシピの栄養価

あなたの食事基準に合わせた
レシピの栄養価が表示されます

すべての栄養価(1人分)を表示 すべての栄養価 (1人分)

エネルギー
104 kcal
たんぱく質
5.9 g
脂質
5.7 g
炭水化物
6.4 g
糖質
5.5 g
コレステロール
0 mg
食塩相当量
0.6 g
食物繊維
0.9 g
カリウム
166 mg
カルシウム
132 mg
マグネシウム
35 mg
リン
90 mg
1.5 mg
亜鉛
0.6 mg
ビタミンA
4 µg
ビタミンE
0.4 mg
ビタミンB1
0.05 mg
ビタミンB2
0.03 mg
ビタミンB6
0.07 mg
ビタミンB12
0.0 µg
葉酸
27 µg
ビタミンC
4 mg
ビタミンD
0.0 µg
エネルギー
104 kcal
たんぱく質
5.9 g
脂質
5.7 g
炭水化物
6.4 g
糖質
5.5 g
コレステロール
0 mg
食塩相当量
0.6 g
食物繊維
0.9 g
カリウム
166 mg
カルシウム
132 mg
マグネシウム
35 mg
リン
90 mg
1.5 mg
亜鉛
0.6 mg
ビタミンA
4 µg
ビタミンE
0.4 mg
ビタミンB1
0.05 mg
ビタミンB2
0.03 mg
ビタミンB6
0.07 mg
ビタミンB12
0.0 µg
葉酸
27 µg
ビタミンC
4 mg
ビタミンD
0.0 µg
煮物や麺類の残り汁など、実際には食さないと想定される栄養価は、上記リストから除いてあります。

材料 1 人分

  • 生揚げ
    50 g
  • 大根
    30 g
  • 料理酒
    小さじ1/3強 (2 g)
  • 上白糖
    小さじ1 (3 g)
  • みりん
    小さじ1/3 (2 g)
  • 醬油
    小さじ2/3 (4 g)
  • いんげん
    8 g
  • 生揚げ
    50.0 g
  • 大根
    1cm (35 g)
  • 料理酒
    2.0 g
  • 上白糖
    3.0 g
  • みりん
    2.0 g
  • 醬油
    4.0 g
  • いんげん
    1本 (8.2 g)
  • ※ 使用量は野菜の皮、肉・魚の骨や内臓を取り除いたもので、食べられる部分の分量を表示しています。
  • ※ 買物量は廃棄される部分も含んだ分量を表記しています。例: あさり(殻付き)の場合 使用量40g 買物量100g

作り方

  • 1
    生揚げは食べやすい大きさに切り、ザルに上げ、油で揚げている面に対して、味を染み込みやすくするように上から熱湯をかけ回す。
  • 2
    大根は一口大の乱切りにする。
  • 3
    いんげんは食べやすい長さに切る。
  • 4
    鍋に水、生揚げ、大根を入れる。大根が柔らかくなったら、調味料を加えさらに 煮る。
  • 5
    仕上げにいんげんを加え煮る。


  • レシピQA

    水の量は?

    • 2019年07月28日

    ご質問ありがとうございます。 材料に水の量の記載がなく、申し訳ございませんでした。 手順4にて、鍋に材料をなるべく重ならないように入れたら「(材料が)かぶる程度」の水を加えてください。 その後強火で沸騰させ弱火にしたら、やわらかくなるまで煮ていただければと思います。

    • おいしい健康管理栄養士
    • 2019年07月29日

    このレシピに使われている食材について