やわらかお雑煮 しょうゆ仕立て

やわらかお雑煮 しょうゆ仕立て
おいしい健康

管理栄養士のおすすめコメント

白玉でつくるしょうゆ仕立ての関東風お雑煮。白玉は、絹ごし豆腐を使うことでやわらかく、歯切れよく仕上がります。

栄養価(1人分)

カルシウム
32mg
マグネシウム
31mg
リン
129mg
0.7mg
亜鉛
1.0mg
ビタミンA
159µg
ビタミンE
0.5mg
ビタミンB1
0.09mg
ビタミンB2
0.10mg
ビタミンB6
0.16mg
ビタミンB12
0.6µg
葉酸
25µg
ビタミンC
5mg
ビタミンD
0.6µg
煮物や麺類の残り汁など、実際には食さないと想定される栄養価は、上記リストから除いてあります。

このレシピのエピソード

お正月のお祝いにぴったりのしょうゆ仕立ての関東風お雑煮。白玉にすることで食べやすく、お餅を飲み込むのが心配な時でも、お雑煮を食べることができます。白玉は絹ごし豆腐を練り込むことでやわらかい食感に。また、歯切れもよくなります。食材を小さめに切って、スプーンで食べやすく仕上げました。よく噛んでお召し上がりください。

読み込み中 読み込み中

材料

白玉粉
15 g
15.0 g
絹ごし豆腐
15 g
1/8丁未満 (15.0 g)
鶏もも肉(皮付き)
40 g
40.0 g
紅白かまぼこ
20 g
20.0 g
大根 旬
20 g
3/4cm (24 g)
にんじん
20 g
1/6本 (22 g)
三つ葉
2 g
2.2 g
ゆずの皮
少々
1/8個未満 (0.0 g)
だし汁
130 ml
130.0 g
Aうす口しょうゆ
小さじ1/2 (3 g)
3.0 g
A酒
小さじ1 (5 g)
5.0 g
A塩
0.4 g
0.4 g
※ 使用量は野菜の皮、肉・魚の骨や内臓を取り除いたもので、食べられる部分の分量を表示しています。
※ 買物量は廃棄される部分も含んだ分量を表記しています。例: あさり(殻付き)の場合 使用量40g 買物量100g

手順

1

ボウルに白玉粉と絹ごし豆腐を入れてよく練ります。

2
85726

粉っぽさがなくなったら、1.5cmほどの大きさに丸めて真ん中をくぼませます。

3
85727

沸騰している湯に入れ、浮き上がってからさらに1分ほどゆで、水にとります。

4

鶏もも肉は一口大のそぎ切りにします。かまぼこは小さめのいちょう切りにします。

5
85732

大根は1cm角に切ります。人参はねじり梅にして、残りは1cm角にします。

6
87275

ねじり梅は下ゆでし、三つ葉はさっとゆでて結び三つ葉にします。ゆずの皮は、せん切りにします。

7

鍋にだし汁を入れて火にかけひと煮立ちしたら、鶏肉とにんじん、大根を加えます。

8

具に火が通ったらAを加え、再度ひと煮立ちしたら白玉を加えてさっと温めます。

9

器に盛り付け、ねじり梅とかまぼこと結び三つ葉、ゆずを飾ります。

最近見たレシピ