大根とハムの焼き春巻き 大根とハムの焼き春巻き

大根とハムの焼き春巻き

  • エネルギー 143 kcal
  • 食塩相当量 1.1 g

大根とハムの焼き春巻き

  • エネルギー 143 kcal
  • 食塩相当量 1.1 g
aw
30分以内

「春巻きが食べたいけれど、カロリーが気になる」、そんな時におすすめの野菜メインの春巻きです。少ない材料でサッと作れます。
  • 脂質カット
  • カロリーカット

awさんのレシピのエピソード

通常の春巻きの具を大根とハムにして、糖質をカット。揚げずに焼くことで脂質も抑えました。大根がよく余るので、消費したい時によく作ります。


このレシピの栄養価

あなたの食事基準に合わせた
栄養価のグラフが表示されます

すべての栄養価 (1人分)

エネルギー
143 kcal
食塩相当量
1.1 g
たんぱく質
4.4 g
脂質
6.0 g
炭水化物
19.2 g
糖質
17.9 g
食物繊維
1.3 g
カリウム
260 mg
カルシウム
24 mg
マグネシウム
12 mg
リン
45 mg
0.3 mg
亜鉛
0.3 mg
ヨウ素
3 µg
コレステロール
6 mg
ビタミンB1
0.09 mg
ビタミンB2
0.02 mg
ビタミンC
14 mg
ビタミンB6
0.08 mg
ビタミンB12
0.1 µg
葉酸
33 µg
ビタミンA
0 µg
ビタミンD
0.0 µg
ビタミンK
1 µg
ビタミンE
0.0 mg
エネルギー
143 kcal
食塩相当量
1.1 g
たんぱく質
4.4 g
脂質
6.0 g
炭水化物
19.2 g
糖質
17.9 g
食物繊維
1.3 g
カリウム
260 mg
カルシウム
24 mg
マグネシウム
12 mg
リン
45 mg
0.3 mg
亜鉛
0.3 mg
ヨウ素
3 µg
コレステロール
6 mg
ビタミンB1
0.09 mg
ビタミンB2
0.02 mg
ビタミンC
14 mg
ビタミンB6
0.08 mg
ビタミンB12
0.1 µg
葉酸
33 µg
ビタミンA
0 µg
ビタミンD
0.0 µg
ビタミンK
1 µg
ビタミンE
0.0 mg
煮物や麺類の残り汁など、実際には食さないと想定される栄養価は、上記リストから除いてあります。

材料 1 人分

  • 大根
    100 g
  • 塩(塩揉み用)
    小さじ1/4 (1.5 g)
  • ロースハム
    10 g
  • 春巻きの皮
    24 g
  • ごま油
    小さじ1 (4 g)
  • 大根
    4cm (120 g)
  • 塩(塩揉み用)
    1.5 g
  • ロースハム
    10.0 g
  • 春巻きの皮
    2枚 (24.0 g)
  • ごま油
    4.0 g
  • ※ 使用量は野菜の皮、肉・魚の骨や内臓を取り除いたもので、食べられる部分の分量を表示しています。
  • ※ 買物量は廃棄される部分も含んだ分量を表記しています。例: あさり(殻付き)の場合 使用量40g 買物量100g

作り方

  • 1
    大根は5cm程度のせん切りにし、塩揉みをします。10分ほどおいてしんなりとしてきたら、水けをしっかりと絞ります。
  • 2
    ハムは半分に切った後、せん切りにして、1と混ぜ合わせます。1人2個付けになるように分けます。
  • 3
    春巻きの皮の角を手前にして、中央よりやや手前に2をのせます。手前から2回巻き、左右の皮を内側に折り、最後まで巻きます。
    残りも同様に巻きます。
  • 4
    春巻きの皮の端を水でのり付けして止めます。皮の巻き終わりを下にしておきます。残りも同じように巻きます。
  • 5
    フライパンにごま油を中火で熱し、4を入れて両面にこんがりと焼色がつくまで焼きます。

  • このレシピは、以下の取り組みによって公開されています

    糖尿病のみなさんへ
    みんなの寄付レシピとは、レシピを投稿することで疾患を抱える方を支援する取り組みです。 実体験から生まれたレシピを通じて、同じ疾患で悩んでいる方を助け、素敵な発見に役立てたいという思いから始まりました。 あなたのレシピが多くの人に届くように、投稿してみませんか?

    このレシピに使われている食材について


    アプリをインストール